まねきケチャ卒業の宮内凛、グラドルの道へ 大好きな韓国でセカンド写真集を撮影

まねきケチャ卒業の宮内凛、グラドルの道へ 大好きな韓国でセカンド写真集を撮影

宮内凛

アイドルグループのまねきケチャを卒業した宮内凛が26日、都内で2st写真集「with.」(秋田書店)の発売イベントを開催した。

 宮内は本写真集について、「前回の写真集の時は思いっきり絞ったりしたんです。でも、今回はありのまま。美味しいものばかり食べてお酒も飲んで少しむくんでいると思います。タイトルも卒業の時期と発売の時期が被って、ポジティブな気持ちを出したくて『with.』にしました」と紹介する。

 撮影は去年の冬に行ったと言い、「夢だった韓国のソウルとチェジュ島で撮りました。天気はすごく良かったんですけど、寒波の時でマイナス9度とか、とにかく寒かったです。一生記憶に残る撮影になりました」と回顧。写真集には、そんな韓国での宮内のカジュアルな姿やセクシーなカットが多数収められている。

 宮内は「撮影中は実際に韓国の市場を歩いて、お店で値下げ交渉をしたりしたんです。韓国語ができるんですけど、久しぶりの韓国だったので、早口で現地の人の韓国語が聞き取れなかったりもしました。市場のおじいさんとおばあさんとはお話もしたりしたんです。撮影も程よく受け入れてくださって、最後は熱いハグをしてくれました」と笑顔で語る。

 お気に入りは韓国でプリクラを撮っている写真だと言い、「韓国のプリクラは日本のプリクラと違って証明写真風なんです。いろんなカチューシャをつけられるので私は猫耳のカチューシャをつけました」と嬉しそうな表情。「今回は水着とかも自分からアイデアを出していて、女の子にも可愛いと言ってもらえる内容だと思います。赤とか黒とか大人っぽい色ではなく、淡い色を中心に選んでいます」と写真集の内容にも胸を張った。

 グループ卒業について聞かれると、「他のメンバーは喪失感あると思うんですけど、私はまだ実感がないです。このイベントの後、寂しくなるのかなって」と感慨深げな表情で話す。「グループを卒業してもまた写真集を出したい」とも述べ、「グラビア活動を続けたいんです。アイドルはもうやらないです。まねきケチャが私のアイドルと決めているので。抜けて他のグループに行く方がファンは複雑な気持ちになると思います、今のところはアイドルの道はないです。トークも好きなので、MCとか司会にも挑戦したい」と卒業後の進路について語っていた。

(取材・文:名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?