何があった? 嵐・櫻井翔がパトカーで連行されていた

何があった? 嵐・櫻井翔がパトカーで連行されていた

画像はイメージです

櫻井翔とスポーツにまつわる関係が明るい。8月23日に行われた夏の甲子園の決勝戦で、母校である神奈川県代表・慶應義塾高等学校が優勝。107年ぶりの優勝を受け、喜びのコメントを出した。さらに、9月8日(現地時間)に開幕する「ラグビーワールドカップ」で日本テレビ系スペシャルサポーターを務める。自身が経験者で、小学生の時はスクラムハーフという司令塔のポジション。櫻井のスポーツ熱は、暑い夏が終わっても続きそうだ。

 幼稚舎から大学まで慶應ボーイで、弟と妹がいる。しっかり者のイメージが強いのは、櫻井家の長男であることが関係しているかもしれない。長男気質が災いし、小学生の高学年の時はパトカーのお世話になっている。乗っていた自転車が、自動車に当て逃げされたのだ。幸いにも負傷しなかったが、その時に咄嗟に取った行動が櫻井らしい。自動車のナンバーを暗記したのだ。

 帰宅後、母に番号を伝えて、「警察に電話して」と元司令塔らしく指示を出した。パトカーが自宅に到着したはいいが、櫻井のケガの状態がわからないため、いったん警察へ行くことに。その後ろ姿はさながら“連行”。妹は、「兄がパトカーに乗せられた景色は今でも忘れない」と言うらしい。

 「妹の舞さんは、元日テレ社員のレポーター。本名で報道番組に出ていたので、ちょっと知られた存在でした。すでに結婚してママになっています。13歳年下の弟さんも、元慶應で元ラグビー部。日テレ、慶應、ラグビーと3人きょうだいは共通項が多いのです」(週刊誌の芸能記者)

 偶然にも、レギュラー番組3本のうち、「news zero」(月曜日)と「全国直送ニュースバラエティーSHOWチャンネル」の2本が日テレ。ちなみに、「SHOWチャンネル」は嵐のレギュラー番組だった「嵐にしやがれ」から、TBS系「櫻井・有吉 THE夜会」は「ひみつの嵐ちゃん!」から続く“嵐の枠”。現在は、櫻井が1人で背負っている。

 高学歴アイドルのパイオニアで、ジャニーズ初のニュースキャスターとなっておよそ17年。ジャニーズ事務所は現在、創業者のジャニー喜多川氏(享年87)の性加害問題で断崖絶壁で、嵐の去就問題まで飛び出している。ジャニーズひと筋28年の櫻井にとっては心中穏やかでいられないだろうが、自身の特質を生かし続けた仕事は裏切らないと信じたい。

(伊藤由華)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?