芸能界の闇を斬った『この素晴らしき世界』、ジャニーズ会見と共通点? イノッチの発言と重なり話題に

芸能界の闇を斬った『この素晴らしき世界』、ジャニーズ会見と共通点? イノッチの発言と重なり話題に

『この素晴らしき世界』公式Twitterより

14日、『この素晴らしき世界』(フジテレビ系)の最終話が放送され、勇気のある内容に称賛の声が上がっている。

 同ドラマは原作のない完全オリジナルストーリーで、若村麻由美演じる平凡な主婦の浜岡妙子が、顔が似ている大女優・若菜絹代になりすまし生活を送る姿をコミカルに描く、“なりすましコメディー”。直前に鈴木京香が降板となり、急遽主演を務めることになった若村が、主婦と大女優の一人二役を務めた。

 ※以下、ネタバレ含む

 元女性社員が若菜の所属する事務所を訴えているが、理由は、男性テレビディレクターからのセクハラに悩み自殺未遂になったことだった。元社員の弁護士はセクハラの相手ではなく事務所を訴えていたが、妙子を中心に社長の比嘉莉湖(木村佳乃)、パートの同僚・育田詩乃(平祐奈)、妙子の息子・あきら(中川大輔)、本物の若菜までが団結、芸能界の“タブー”や“忖度”を糾弾する――という展開に。

 敵対していたと思われたマネージャー室井セシル(円井わん)の行動、若菜が失踪した真相、敵に回すと芸能界での立場も危うくなるような相手の悪行を暴露など、様々な見どころがあった最終話だが、最も反響があったのは、若菜に扮している主婦・妙子の長台詞だった。

 若菜を大女優として育てた、業界のドン國東統次郎(堺正章)に、若菜自身が言いたかったことがあると、その言葉を託された妙子。カメラの前で「私たち大人は、この世界にいる若い人たちが、希望を失わないように、できる限りのことをしなくてはなりません」と話し始めた妙子は、カンニングペーパーを見ているわけでも、覚えてきたセリフを言っているわけでもなく、妙子の言葉として大事に伝えた。これは芸能界の育ての親・國東のみにあてた言葉ではなく、芸能界全体、ひいては大人が知らず知らずのうちに若者に我慢を強いている世間に訴えているようだった。

 妙子が「この世界には悪意のある人間が存在します。だけど、私たちの問題は、多くの人たちがそれに気づいているのに、実際には何も変えられないことの方だと思うのです」と言ったところで木村演じる莉湖のワンショットに。大人が正しいことを口にしないのは「私たち一人一人の個人と、世界との間にある、得体のしれない何か」のせいで、そういうものに影響されることなく、間違っていても自分の意思で選択し生きていくべきだとし、そういう人が増えればこの世界はどんなに素晴らしいか、と、約5分間にわたり情緒たっぷりに語った。

 7日にジャニーズ事務所の新社長就任を発表した東山紀之の妻・木村が、奇しくも芸能事務所社長役で出演していることもあり、“芸能界の忖度”に立ち向かっていく展開が話題となっていた同作。木村の顔が随所で映されていたこの場面に「ジャニーズ問題の最中、タイムリー過ぎる」「妙子さんの言葉がまるまる現実世界への警鐘…これいつ撮ったんだろうか…」「木村佳乃さんの時折のアップが意味深い…」「ジャニーズ問題とシンクロしすぎてる」などの指摘がネットに相次いでいた。

 更に、妙子の台詞にあった「得体の知れない何か」を巡り、東山の社長就任と藤島ジュリー景子前社長の辞任、今後の事務所のあり方を発表した会見に出席していた、元V6・井ノ原快彦の発言を思い出す声も。井ノ原は、同事務所・ジャニー喜多川元社長の性加害について、噂は知っていたとしながらも「得体のしれない、それには触れてはいけない空気はありました」と述べていた。この偶然の一致にも「得体の知れない何かってイノッチも似たような事言ってたな」「正しさが口をつぐみ良心が言葉を呑み込んでしまってきたこと…得体の知れないもの…」「得体の知れないことに合わせなくていい、若い人を巻き込んではいけないって今の世にめちゃめちゃ通ずることですよね」など、反響があった。

 全9話となった本作だが、21日の「特別編」放送も告知。同局昼のバラエティ番組『ぽかぽか』にゲスト出演した若村は、この特別編で3役目も演じることになったと匂わせており、期待が集まる。

 鈴木の代役として急遽主演に、そのことを親友の天海祐希からも祝福され陣中見舞いにも来てもらったと、同番組で嬉しそうに明かしていた若村。予定外とはいえ、念願の主演ドラマとなったようだが、視聴者からは「鈴木京香ではなく若村麻由美がピッタリだった」という声も、ドラマの公式X(旧ツイッター)アカウントやSNSに集まっていた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?