日本の新ドラマに期待! 『校閲ガール』や『アンナチュラル』で石原さとみの人気が急上昇=中国メディア

日本の新ドラマに期待! 『校閲ガール』や『アンナチュラル』で石原さとみの人気が急上昇=中国メディア

中国でも石原さとみさんは非常に人気があり、ネットユーザーの間では「石原(シーユァン)」と同音の「10元」の通称で呼ばれるほど認知度が高い。(イメージ写真提供:123RF)

 石原さとみさん主演の新ドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』が7月からTBSの火曜ドラマ枠で放送されることが明らかになった。ドラマの原作は『おたんこナース』や『動物のお医者さん』などで知られる漫画家・佐々木倫子さんの同名コミックで、石原さとみさんは墓場の中に建つフレンチレストランの風変わりなオーナーを演じる。中国でも石原さとみさんは非常に人気があり、ネットユーザーの間では「石原(シーユァン)」と同音の「10元」の通称で呼ばれるほど認知度が高い。

 中国メディアの中国娯楽網は31日の記事で、新ドラマの原作『Heaven?』の内容を詳しく紹介。「ここ数年、『5→9(5時から9時まで)〜私に恋したお坊さん〜』、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』、『アンナチュラル』、『高嶺の花』などの日本のテレビドラマにより、ヒロイン役の石原さとみの人気が急上昇。かわいくて美しいルックスや、温かい笑顔と性格によって、石原さとみは多くの男女にとっての女神になった」と述べ、新ドラマへの期待感を表した。

 石原さとみさんの主演作をはじめ、日本のドラマが中国メディアで話題になることが多いのに対し、その逆のケースはあまり多くないように見受けられる。近年では中国の歴史ドラマが日本で放送されるケースも増えてきているが、現代物のジャンルでは、日本のドラマの輸入やリメイクのほうが目立つ。その理由の一つとして、何十話も続く中国ドラマに対し、日本のドラマは短い話数でストーリーをまとめる必要があることから、脚本が比較的よく練られていることが考えられる。また、出演するキャスト、特に女優のファッションアイコンとしての魅力が、中国の若い視聴者を引き付けているのかもしれない。(編集担当:伊藤由記)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)