舘そらみ、新作は「価値観が異なる相手との向き合い方」問う恋愛ホラースペクタクル

舘そらみ、新作は「価値観が異なる相手との向き合い方」問う恋愛ホラースペクタクル

舘そらみ、新作は「価値観が異なる相手との向き合い方」問う恋愛ホラースペクタクルの画像

舘そらみが作・演出を手がける、ガレキの太鼓の新作公演『「没入すると怖いよね、恋愛」の略で没愛』。開幕を3週間後に控えたタイミングで、舘とキャストの富川一人(はえぎわ)、日高ボブ美がインタビューに応じた。

劇中では、都会に暮らす女性と郊外に生きる男性による“恋愛ホラースペクタクル”が展開される。東京で独身生活を謳歌していた36歳の主人公が、地元の地域おこしに邁進する青年と出会って恋に落ち、価値観や育ってきた環境の違いに葛藤し立ち向かいながら結婚に向かう様子がホラーコメディタッチで描かれる。

『来世ではちゃんとします』シリーズ、『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』など、マンガ原作による恋愛ドラマの脚本をここ数年で手がけるようになった舘。本作執筆の動機を「映画・ドラマに比べて恋愛の描写が少ない演劇ジャンルでがっつり“恋愛”を扱ったらお客さんはどう反応するのか興味がありました」と話す。ちなみに舘によれば、恋人の元カノの生き霊に取り憑かれるなど劇中の主人公を襲ったエピソードは「実在する」という。

主人公には、異儀田夏葉(KAKUTA)がキャスティングされた。舘いわく「恋人の家族から心ない言葉をかけられ阿鼻叫喚する様子であっても、異儀田さんの底知れない人間力や勢いがあれば、お客さんも親近感を抱きながら見ていられるのでは」──。対して、主人公に強烈な好意を寄せる恋人役には富川が就く。富川は「心がすごく純粋で芯が強く、思ったことを相手にダイレクトに伝える人」とその人物像を捉えるが、館は「異儀田さんとは正反対で、舞台上の富川さんには腹の底で考えていることがまったくわからない魅力がある俳優」「主人公が葛藤する原因でもあるので、恋人が何を考えているかわからない方がよりドラマになるんです」と配役の理由を明かした。

追加で出演が発表された日高には、主人公を取り巻く複数の役が託された。過去にもガレキの太鼓作品に出演経験のある日高は、舘や他キャストとの稽古場におけるクリエーションが「楽しい」と笑顔を見せる。その秘密は、舘がつくるプロット的な“しおり”。「そらみさんが一方的に演出をつけるのではなく、しおりをベースにしながらキャストにも意見を求め、エチュードさせるんです」「みんなでひとつの演劇作品をつくっている感触を得られるのが、舘そらみ演出の魅力ですね」と述べた。実体験をもとに綴られた主人公のエピソードに、役者のどんな“実感”が込められるのだろう。『没愛』の完成形をぜひ見届けたい。

公演は10月5日(水)~9日(日)に、東京・下北沢のOFF・OFFシアターにて。チケット販売中。

取材・文:岡山朋代
  • 記事にコメントを書いてみませんか?