高田翔、玉置成実、坂元健児が大奮闘のラブコメミュージカル開幕!

高田翔、玉置成実、坂元健児が大奮闘のラブコメミュージカル開幕!

ミュージカル『Finding Mr.DESTINY』 撮影:岩田えり

昨年の日本版初演が好評を博した韓国生まれのロマンティック・コメディ・ミュージカル『キム・ジョンウク探し〜あなたの初恋探します〜』がキャスト、タイトルを一新!『Finding Mr.DESTINY』として東京・DDD AOYAMA CROSS THEATERにて開幕した。

仕事を失い、恋人には逃げられてしまった青年ムン・ミニョクが一念発起して始めたのは“初恋探し株式会社”。そこにかつて運命的な出会いを求めて旅したインドで出会った初恋の人を忘れられない女性アン・リタがやってくる。こうして勝気なアラサー女子と一生懸命が空回りしがちな青年の初恋探しが始まるも、調査は難航。それもそのはず、手掛かりはその名前“キム・ジョンウク”だけ。しかもこの“キム・ジョンウク”は、韓国ではありふれた名前の代名詞になるほどよくある名前なのだ。

“初恋を探す男”と“初恋の人”の2役を演じるのは、本作がミュージカル初主演の高田翔(ジャニーズJr.)。頼りないがどこか憎めないミニョクを表情豊かに演じたかと思うと、ジョンウクではその低音ボイスでそっとささやき、ヒロインだけでなく客席の女性の心をも射抜いた。持ち前の演技力に加え、細やかな心情を乗せた歌声もショーアップされたダンスもしっかりとミュージカル仕様に。そんな高田の姿は韓国では本作主演がミュージカルスターへの登竜門と言われていることを思い出させた。

リタ役には玉置成実。つい強がってしまう甘え下手な等身大の女性は玉置にとっての新境地だろう。初恋から7年、社会にもまれ頑なになってしまったリタに共感し、それでも彼女の中にある変わらない純粋さに心打たれた。公演後に耳にした「気がついたらリタのことを大好きになっていた」という女性客の言葉がすべてを物語っている。

本作の目玉、この物語に登場するその他のキャラクター、父親、母親、カフェ店員、インド人ガイド、タクシー運転手など全24役を担うマルチマンには坂元健児。坂元ならではの某シーンでは劇場全体が大いに沸き、エンターテイナーぶりを見せつけた。また、マルチマンというひとりの俳優がさまざまに姿を変えながら恋を進展させる演劇としての面白さにも改めて唸った。

演出は初演に引き続き菅野こうめい。ラブ・コメディの楽しさに加え、主人公たちの成長や人生に大切なものを印象づけ、より多面的な魅力にあふれる作品に深化させた。生バンドの演奏も心地よい。

東京公演は8月13日(日)まで。8月17日(木)・18日(金)は大阪・ABCホールにて上演。チケット発売中。

取材・文 功刀千曉

関連記事(外部サイト)