『フォトグラフ51』板谷由夏「言葉の壁はラッキー」

『フォトグラフ51』板谷由夏「言葉の壁はラッキー」

(画像左から)板谷由夏、サラナ・ラパイン

2018年4月に上演される「PHOTOGRAPH 51(フォトグラフ51)」の囲み取材会が行われ、演出のサラナ・ラパイン、主演の板谷由夏、翻訳と芸術面をサポートするドラマターグの芦澤いずみが出席した。

本作は、2015年にウエストエンドにてニコール・キッドマン主演で上演され、好評を博した舞台作品の日本初演。実在する科学者ロザリンド・フランクリンを主人公にした物語で、「世紀の大発見」とも言われる“DNAの二重らせん構造”の発見に貢献したにも関わらずノーベル賞を受賞しなかったロザリンドと、彼女を取り巻く5人の男性の姿を描いていく。板谷のほかに神尾佑、矢崎広、宮崎秋人、橋本淳、中村亀鶴が出演する6人芝居。

今回が舞台初主演・初挑戦となる板谷は「すべてのことが楽しみ」と笑顔。サラナは本作を「何年もやりいたいと思ってきた作品」だと言い「ハードなストーリーでありながら、すごく詩的で抒情的な言語を使う。描かれ方や構成そのものも詩的」と魅力を語る。そんな戯曲を初めて日本語に訳した芦澤は「サラナと何度もミーティングを重ね、一言一句に含まれる意味やリズム、演出家の意図を確認していきました」と、英語の台詞に込められた魅力を繊細に反映していったことを明かす。

日本語の芝居を初めて手掛けるサラナと俳優の間に言語の違いがあるが、先日、稽古に先行して行われたリーディング(読み合わせ)では「(サラナは)英語の台本を読みながら、私たちの日本語の芝居に一緒に笑っていた」と板谷。言語の違いについて「むしろラッキーだと感じています。言葉が通じないからこそ、なんとなくわかった感じにはならず、絶対にわかるまで、わかり合えるまで探ると思うので。そしてサラナはそういった私の好奇心や質問にきちんと返してくださる方。しかも“プラスα”を足して返してくれるという信頼もあります」。サラナも「“わからない”ということにワクワクしています。なぜなら全然違う視点で(芝居を)見たり聞いたりすることができるから」と語り、このカンパニーならではの深みが生まれそうだ。

板谷は自身の演じるロザリンドについて「ストイックさとか強さとか、私に足りないものも持っている人。ものごとに夢中になっていく子供っぽさ、無邪気さ、突進していく集中力に憧れますし、そこは彼女を通して体感したい部分です。人として教わることがすごくある気がしているので、すごく楽しみ」

板谷が「人間って面白いなと思ってもらえるし、いろんな発見があると思う」と話す公演は4月6日(金)から22日(日)まで東京・東京芸術劇場 シアターウエスト、25日(水)・26日(木)に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。

取材・文:中川實穂