7作目にして刷新、演劇「ハイキュー!!」は新章へ!

演劇「ハイキュー!!」7作目にして新章へ 狐爪研磨、黒尾鉄朗、桜庭大翔らが出演

記事まとめ

  • 演劇「ハイキュー!!」7作目にして物語の舞台を宮城から東京へと移し新章が幕を開けた
  • 同作は「週刊少年ジャンプ」で連載中の古舘春一氏の「ハイキュー!!」を舞台化した作品
  • 狐爪研磨、黒尾鉄朗、桜庭大翔、福澤侑、重石邑菜らが出演する

7作目にして刷新、演劇「ハイキュー!!」は新章へ!

7作目にして刷新、演劇「ハイキュー!!」は新章へ!

(画像左から)高崎俊吾、桜庭大翔、永田崇人、近藤頌利、福澤侑 (C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 撮影:三上 富之

集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の古舘春一のバレーボール漫画「ハイキュー!!」。2015年にハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」と題して舞台化、これまで数々の名勝負を繰り広げてきた。そして2018年10月の前作で主役の烏野高校キャストが卒業。2019年4月、物語の舞台を宮城から東京へと移し、音駒高校を中心とした新章が幕を開けた。

春の高校バレー東京都代表の座をかけ、音駒高校、梟谷学園高校、戸美学園高校が熱戦を繰り広げる“東京の陣”。演出・脚本のウォーリー木下がゲネプロ前の会見で「映像、振付、音楽を刷新。まだまだ進化している」と話したように、巨大モニターやLEDなどデジタル技術をふんだんに取り入れつつも、役者たちの身体能力を最大限に生かしたアクロバットやパフォーマンスでも魅了した。

狙った獲物を抜群の瞬発力で仕留める音駒高校。チームの中心人物は永田崇人演じる狐爪研磨と近藤頌利演じる黒尾鉄朗で、静と動という対照的な存在が鮮やかだ。思慮深い狐爪を軸に、黒尾らチームメイトが彼の周辺で大きなうねりを見せた。お祭り騒ぎのように盛り上げる梟谷学園高校は、中心人物の木兎光太郎役を桜庭大翔が熱演。長身を生かした熱血プレイヤーを演じた桜庭は、初舞台とは思えぬ頼もしさを見せた。巧みな心理戦で相手チームをじわじわと追い詰める、狡猾で冷血な戸美学園高校。その頭脳である大将 優役を演じた福澤 侑は、ポーカーフェイスで相手を惑わせる難役をクールに演じ、勝負のゆくえを見守る観客をも翻弄した。

試合の見せ方も絶妙だ。ネットやコートをほぼ介さず、混然一体となりながらも、アクロバットやフォーメーションでバレーボールという競技の醍醐味を味わわせてくれた。もちろん青春群像劇の要素もふんだんにちりばめ、バレーに駆ける彼らのかけがえのない一瞬一瞬をキラキラと映し出していた。

シリーズも7作目。これまでを知るファンの方には新鮮に描く一方、山本あかね役の重石邑菜と灰羽アリサ役の楓がストーリテラーの役どころとなり初心者を誘う。“東京の陣”の背景や展開を分かりやすく解説するふたり。彼女たちの存在が、今作から演劇「ハイキュー!!」の世界に飛び込んでも躊躇なく楽しめることを保証している。ヒップホップの要素もさらに取り入れ、試合中もキャストたちが会場をあおっていく。“観るだけ”にとどまらない、演劇「ハイキュー!!」ならではのエンターテイメントをぜひ体感してほしい。

4月14日(日)まで、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演後、20日(土)・21日(日)は宮城で公演を実施。東京公演は4月27日(土)から5月6日(月・休)まで、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて。

取材・文:岩本和子