3D映像&平面&立体で堪能する、壁画の巨匠・絹谷幸二の芸術世界

3D映像&平面&立体で堪能する、壁画の巨匠・絹谷幸二の芸術世界

世界初!絵の中に飛び込む3D映像体験

大阪のランドマーク・梅田スカイビル。タワーウエスト27階に位置する「絹谷幸二 天空美術館」で、開館3周年を記念する新展示『超!多次元空間への挑戦』が12月21日(土)よりスタート。

オリンピック・イヤーを記念し、表現の可能性に果敢に挑戦する絹谷ワールドを多次元で紹介する本展では、絵画に飛び込んだような体験ができると話題の3D映像、豊穣で鮮やかな世界観を描き出す絵画、360度眺められる立体作品がさまざまなテーマでコラボ。森羅万象が千変万化するイメージ世界をじっくりと堪能することができる。人類救済を希求する作者渾身の大作『オマージュ「平治物語絵巻」』も初出品。紅蓮の炎に浮かび上がる明王と如来の姿は、鮮烈なアート体験になるはずだ。

桜の花びら舞う大阪城、夜空を駆ける天馬、圧倒的な迫力で迫りくる風神・雷神など、3D映像に登場する絵画・立体作品が間近で眺められる展示構成になっており、「3D映像はどんな作品から生まれたのか?」と、何度も3D映像を見たくなる仕掛けとなっている。

絹谷芸術の軌跡をたどる新常設展示コーナー「絹谷藝術の軌跡〜アフレスコ画家の誕生〜」も開設。絹谷幸二の代名詞ともいえるアフレスコとの出会い、貴重な初期作品の展示を通して、独特の世界観が生まれたルーツに触れてみてはいかがだろう?

美術館でゆっくり過ごすなら、アートカフェとしても人気を誇る併設の「天空カフェ」も見過ごせない。地上27階からの絶景を楽しみながら、絵画をイメージしたオリジナルドリンクやスペシャリティコーヒーなどで一息つくこともできる。

コンテンツが充実し、見ごたえがさらに増した絹谷幸二 天空美術館へ出かけよう。

■絹谷幸二 天空美術館
【住所】大阪市北区大淀中1-1-30 梅田スカイビル タワーウエスト27F
【開館時間】10:00〜18:00 ※金・土・祝前日は10:00〜20:00(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】火曜(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)、年末年始(12/30〜1/3)
【入館料】一般1000円、大学・高校・中学生 600円、小学生以下無料、団体・障がい者割引あり
      チケットぴあ 割引入館引換券 一般900円、大学・高校・中学生500円

関連記事(外部サイト)