『ReLIFE』『覆面系ノイズ』『トモダチゲーム』、そして「またお前か!」の山崎も……相次ぐ実写映画化情報をまとめてみた

『ReLIFE』『覆面系ノイズ』『トモダチゲーム』、そして「またお前か!」の山崎も……相次ぐ実写映画化情報をまとめてみた

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』公式サイトより。

 秋の新作アニメが次々と放送開始となったこの時期だからなのか、10月4、5日に相次いでコミック、ライトノベルなどを原作とする実写映画の情報が発表された。配給元や原作出版元はそれぞれ違うのに、まるで示し合わせたかのように重なってしまっただけに、混乱している、各作品のファンや出演する俳優・女優のファンも多いかもしれない……ということで、10月4、5日に発表された実写化情報をざっくりとまとめて紹介してみたい。

 まず4日、電子マンガ&小説配信プラットフォーム・comicoにて連載されている夜宵草のマンガ『ReLIFE』の実写映画化が発表された。W主人公の海崎新太を中川大志、日代千鶴を平祐奈が演じる。

『ReLIFE』は、監督を務めた小坂知氏インタビュー(記事参照)も掲載したとおり、7月〜9月にTVアニメも放送(TOKYO MX)、舞台化もされた人気作。人生がうまくいかない27歳の会社員・海崎が、とある秘薬により外見のみ10歳も若返り、高校生生活を送るという青春ラブコメ。

 現在中川は18歳、平も17歳と、演じるキャラクターとドンピシャな年齢だし、ルックスも似通った部分もあるような気もする。物語の設定ほどSF要素もなく、TVアニメに先駆けて舞台化もされた『ReLIFE』とあって、ネット上を軽く見てみても、原作・アニメファンからもさほどの拒否反応は、他のコミック原作の実写映画よりは薄め。気がかりのなのは、映画オリジナルの結末が描かれるという一点とだが、果たしてどんな物語となるのだろうか。


 同じくコミックを原作とする実写映画も。5日発売の「花とゆめ」21号にて発表。同誌にて福山リョウコが連載中で、今年4月にはTVアニメの制作も発表されていた、『覆面系ノイズ』(ともに白泉社)が、今度は実写映画化されることとなった。

『覆面系ノイズ』の主人公は、歌うことが大好きな女子高生のニノ(有栖川仁乃)。幼い頃に、初恋の相手モモ、曲作りをする少年・ユズとの別れを経験しても、ニノは2人と交わした約束を信じて歌い続けていた。そして3人は高校生となって……という片思いと音楽をテーマとした恋愛ストーリーが好評を博し、単行本全10巻で累計発行部数100万部超えの人気作。

 実写映画もTVアニメも、スタッフ・キャストや放送・公開時期の詳細は未発表。いろんな意味で、続報に注目したい。


 こちらも詳細は未発表ながら、山口ミコト原作・佐藤友生作画で、「別冊マガジン」連載中の『トモダチゲーム』(共に講談社)が、TVドラマ&劇場映画として実写化されることに。

『トモダチゲーム』は、お金よりも友だちを大事にしてきた高校生の主人公・片切友一が、仲の良い友だちとともに、“友情を疑いさえしなけれごく簡単”なはずだった、大金のかかったゲームに挑戦するが……という息詰まる心理戦や駆け引きが繰り広げられる人気作。

 映画は2部作になるとのことで、配給・出版元の気合が伝わるが、どんなスタッフ・キャストとなるか、楽しみな作品となりそうだ。


 同じく5日には、今年12月17日より公開予定の、シリーズの劇場版第3弾作品となる『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』より、実写パートで山崎賢人と斎藤工が演じるキャラクターのビジュアルが公開された。

 アニメパートと実写パートが行き来する、ハイブリッド作品となる『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』。その実写パートにて、初めて妖怪役を演じることになったという山崎(最強の妖怪・エンマ大王役)と斎藤(エンマ大王の側近・ぬらりひょん役)。

 なお山崎は2017年に、現在判明しているだけでも『一週間フレンズ。』『斉木楠雄のΨ難』、そして『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』と、コミックを原作とする実写映画の出演が決定している。「またお前か!」「ほかに人いないの?」との悲鳴が多く上がり、せっかくの実写とアニメのハイブリッドという珍しい試みのインパクトが薄れてしまったのが残念。


 ラストは、赤城大空原作のライトノベル『二度めの夏、二度と会えない君』の実写化映画より、新たなビジュアルが登場! というニュースも5日に到着。村上虹郎、ガールズバンド「たんこぶちん」のボーカル・吉田円佳、加藤玲奈(AKB48)、2代目マイナビウェディングガールの金城茉奈、大ヒット映画に重要な役で次々と出演をしている実力派の山田裕貴など、若手キャスト陣が衣装に身を包んだ写真が公開に。

 パンチの効いた下ネタを炸裂させ、TVアニメはBPOにもご意見が寄せられたりもした『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』(共に小学館ガガガ文庫)で知られる赤城大空だが、『二度めの夏、二度と会えない君』は、ピュアな青春ラブストーリー。『下ネタ』とは真逆に、健全で泣けるラノベとしてファンからの評価も高いので、注目していきたい。2017年秋公開予定。

関連記事(外部サイト)