「東京おもちゃショー」雑感:VR関連は尻すぼみ? 大人が足を止めたのはやっぱり『ラピュタ』!?

「東京おもちゃショー」雑感:VR関連は尻すぼみ? 大人が足を止めたのはやっぱり『ラピュタ』!?

「東京おもちゃショー2017」公式サイトより

 日本中からオモチャが一堂に集まり子どもから大人まで楽しめる「東京おもちゃショー2017」が6月1日から4日までの4日間東京ビッグサイトで開催!

 今年も商談見本市といわれるBUYER’S DAYS(1日と2日)と、一般公開のPUBLIC DAYS(3日と4日)が行われたが、PUBLIC DAYSの3日に、「東京おもちゃショー2017」を訪れ、大勢の家族連れたちに交じって楽しんできたので、ざっくりと感想をまとめてみたい。

 まず全体をざっと歩いてみたところで感じたのは、去年までは会場内を歩けば、あちこちで見かけたドローンやVR関連のグッズが、やや少なかったこと。会場の大通りを歩いてみても、それらを大々的に展開しているようなブースをあまり見られなかった。

 とくにVRは、昨年はニュースなどで“VR元年”とよく取り上げられていたものだが、今年は会場中央にあった「日本おもちゃ大賞2017」の受賞商品の紹介コーナーにも、VR関連の商品は入っておらず、オーソドックスなキャラクター商品が多かった。

 言うほどユーザーの間では盛り上がらなかったのだろうか……。VRのヘッドセットの売上げが伸び悩んでいるという記事もネット上では散見される。かつて任天堂が発売していた「バーチャルボーイ」と同じ道筋を辿ってしまわないか、気になるところではある。

 一方のドローンは、「ニッコー」(NIKKO KYOSHO EGG)のブースがすごく頑張っていた。ドローンの操作性や搭載カメラの精度は高まっていく一方で、臨場感ある空撮映像が撮れることには驚いたし、面白い。ドローンはおもちゃとしても、グッズとしてもまだまだポテンシャルを秘めているなと思う。今後のさらなる新商品も楽しみだ。

 そのVRやドローンに代わり目立っていたのが、すでに存在する商品にスマホなどを連動させる、という方向にシフトした商品。たとえば「バンダイ」ブースで見かけた「360度恐怖体感 脱出!おばけ屋敷ゲーム」はボードゲームにスマホを連動させたもの。

 ボードゲーム内のイベントとして、スマホでおばけ探索するアドベンチャーパートがあり、恐怖体験までできてしまう(状況に応じた、怖い映像などが用意されている)という、大人でも楽しめそうな凝った作り。しかもお値段も3,980円(税抜き)と意外とお手頃だ。

 ケミカル系おもちゃでは「タカラトミー」ブースの「ウーニーズ」が意外と楽しい。要は風船を作れるオモチャなのだが、この風船が新素材で作られていて触感が不思議なうえ、風船同士を簡単にくっつけることができ、デコレーション用パーツがついており、風船をデコることもできたりと用途は多そうな感じがした。

 一方、ソニーブースには、筆者が今までに見たことのない新作おもちゃが。「toio(トイオ)」というオモチャは、キューブ型で高性能モーターを内蔵した2台の「toio コア キューブ」と、そのキューブを片手で動かせる「toio リング」で構成。2台のキューブの上に、市販のスポンジなどをくり抜いたものなどを乗っけて、2台を戦わせてバトルやレースをさせてたりなど、使い方次第で幅広く遊べそう。初回限定セットは売り切れたそうだが、あとは今後どれだけ食いつく人が出てくるかというところだろうか。

 会場内で、子どもだけではなく大人たちの足を止めさせていたのが「プレミアムバンダイ」の、『天空の城ラピュタ』のロボット兵の展示だ。サイズは約11.8センチ、精巧なモデルでお値段も7,560円(税込み)と、それなりのお値段だが、かなり自由に動かすができ、多様なポーズ付けが可能。これはたしかに大人が喜ぶおもちゃであった。

 なお、去年までは東京ビッグサイトの西1〜4ホールで開催されていた「おもちゃショー」だが、今年に限って東1〜3と少しスペースが縮小している(来年には再び西1〜4に戻るそうだ)。その影響は、動員にも出ていたようで、昨年の4日間の総来場者数は16万2,021人、今年は14万7,037人、実に約1万5,000人も減少してしまっている。

 とはいえ、最大手のタカラトミーやバンダイなど、人気のブースでも10分程度待てば入れたり、家族連れもスムーズに歩けていたり、オモチャに触れることができていたようなので、ユーザーにとっては程よい混み具合だった、と言えるかもしれないが、来年はどうなるのか。想像もつかないようなオモチャに出会えることを期待しつつ、来年の開催を楽しみにしたい。
(文/ティエリア88)

関連記事(外部サイト)