日本で一番歌がウマい歌手は誰なのか? プロボイストレーナーに聞く!【前編】

日本で一番歌がウマい歌手は誰なのか? プロボイストレーナーに聞く!【前編】

『LIVEDAM精密採点DX徹底攻略!!ボイストレーナーとカラオケチャンピオンが教える カラオケ上達最強テクニック これであなたも10点UP!!』(コスミック出版)

 日本で一番「歌ウマ」な歌手は誰なのか――? 物事のウマい、ヘタを研究する「ヘタの研究」、第二回目は「歌がウマい、ヘタとはどういうことか」を、ボイストレーナー、ソプラノ歌手であり『LIVEDAM精密採点DX徹底攻略!!ボイストレーナーとカラオケチャンピオンが教える カラオケ上達最強テクニック これであなたも10点UP!!』(コスミック出版)著者、菅原久美子氏に伺った。歌がヘタな人がやりがちなことも触れているので、音痴な人も、自分が音痴だと気づいていない隠れ音痴の人も必見だ。


■楽譜に忠実であること〜余計な「俺アレンジ」を入れない〜

――プロの菅原さんから見て「歌がウマい」と思う歌手は誰でしょうか?

菅原久美子氏(以下菅原) まず男性ですが、技術が長けてかつ音楽性があるのは久保田利伸さんだと思います。生番組で見た時の発声が安定していて、クラシック歌手に似ています。地声で歌っているではなく、クラシック歌手が歌うように突き詰めた発声で歌っていますね。

 昔のヒット曲を同じ歌手が十年以上たったあとで歌うことがありますが、私たちがかつて聴いていたものよりも崩して歌う傾向があるんですね。久保田さんはそのようなことがなく、常にキーに忠実に歌っています。聴いた人に、当時の思い出ごと蘇るような歌い方です。

――「楽譜に忠実であること」が求められるんですね。

菅原 はい。「歌う人の気持ち」もありますが、作った作詞者や作曲者の世界観が込められている譜面に忠実に歌った方が、私は世界観を表現できるし、楽譜を踏まえることが大切だと考えています。

――こちらは、一部の歌がヘタな人が大きく間違えていそうなポイントでもありますね。基礎がまったくできていないのにオリジナリティとか個性とかを入れて恥ずかしいことになっている人は、久保田利伸さんの姿勢から学ばないといけないことは多そうです。女性歌手ではいかがでしょう?

菅原 ちあきなおみさんと、石川さゆりさんですね。亡くなられましたが美空ひばりさんも、ウマいです。

――今名前があがった方はすべて、「CDで聞くとウマいけど、歌番組だと聴いてるほうが恥ずかしくなってしまいチャンネルを変えてしまうほどヘタ」というのは絶対にないと確信できる抜群の安定感や地力がありますね。

菅原 このクラスでウマい方は、J-POPですと、なかなかいらっしゃらないですね。あと、坂本冬美さんがJ-POPのカバーをいくつか歌われていますが、こちらも大変お上手です。演歌の方たちのボイストレーニングは、とてもハイレベルだと思います。


■音楽経験がなくても、「楽譜」から得られることはたくさんある

――楽譜の重要性についてお話がありました。カラオケによっては楽譜が表示されるものもありますが、それだとぶっつけ本番になってしまいますよね。どうやって事前に楽譜を見ることができますか?

菅原 ボイストレーニング教室の生徒さんにおすすめしているのが、ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスが提供している楽譜ダウンロード販売サイト「ぷりんと楽譜」です。一つの曲でメロディ譜、伴奏譜、合唱譜やギター譜があったりもしますよ。歌う場合は、メロディ譜(歌の部分を楽譜に起こしたもの)が安く入手できておすすめです。

――音楽の部活や習い事をしていた人でないと、楽譜を見ても「?」となってしまいそうですが。

菅原 難しく考えなくて大丈夫ですよ。楽譜は地図みたいなものです。Aメロ、Bメロ、サビ、またAメロ……、という流れもわかりますし、また、楽譜があれば音の高低差がわかります。音程が上がってる、下がってるかをわかった上で歌うことがとても大切なんです。

――確かに楽譜が読めなくても、音程が前から上がっているか下がっているかは楽譜を見れば一目瞭然ですよね。

菅原 そうなんです。心電図の上がり下がりぐらいに考えれば大丈夫です。楽譜で把握しておけば「ここは急に音が高くなるからおなかに力を入れないといけないな」とか、「ここは長いからしっかり息継ぎをしておかないといけないな」とか、計画を持って歌うことができるんですね。

 プロの歌手は歌う前に楽譜を開きまずは読み込みます。遠回りのように見えますが、アマチュアの方も同じようにやってみると、発見が多いはずですよ。

◆◆

 次回も引き続き菅原氏に、「中居正広は歌がヘタなのか?」や「得点を出しやすい歌」について伺っていく。読めばカラオケに行きたくなること請け合いだ。
(文=石徹白未亜 [http://itoshiromia.com/])

関連記事(外部サイト)