フジ新人・永尾アナが『みんなのニュース』初レギュラー!「一歩一歩、背伸びしないで」

フジ新人・永尾アナが『みんなのニュース』初レギュラー!「一歩一歩、背伸びしないで」

永尾アナ

 『みんなのニュース』(フジテレビ)が、10月3日(月)からリニューアルする。

 メーンキャスターの伊藤利尋アナを支えるキャスター陣も、ハッピーゾーン担当とニュースゾーン担当に分かれて視聴者に訴えていく。ハッピーゾーン担当は生野陽子アナ。内田嶺衣奈アナがサブキャスターとして全曜日に登場する。一方、ニュースゾーンを担当するのは椿原慶子アナ。新人の永尾亜子アナがサブキャスターとしてレギュラー出演する。この4月に入社したばかりの永尾アナにとっては初めてのレギュラー番組だ。

 内田アナは「五感をフルに活用して、見て聞いて感じたことを分かりやすく伝えたい」とコメント。永尾アナは「現場取材もスタジオもと言われたときには、すごく驚きましたが、同時にうれしくも思いました。大学で環境問題やエネルギー問題を学んできたので、そういうニュースにも携われたらと思っています。将来的には、信頼感があって見ていてチャンネルを変えたくなくなるようなアナウンサーになるのが目標ですが、まずは自分のできるところから一歩一歩、背伸びしないでやっていくつもりです。まだまだ未熟な私ですが、テレビの前の皆様と一緒に学んでいくような気持ちで頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします」と抱負を語っている。そんな永尾アナにメーンキャスターの伊藤アナは、「20年以上先輩なので、少し生意気を申し上げるとすれば、報道番組の現場は、恐らくオンエアで見るよりも“泥臭い”ものだと思います。永尾アナには1年目からドロドロになって、将来の輝きにつなげてほしいと思います。私はまだドロドロですが」と少し辛口のエールを送った。

関連記事(外部サイト)