山口もえ、小林麻央のブログに「たくさん励まされた。日本中が応援してる」

山口もえ、小林麻央のブログに「たくさん励まされた。日本中が応援してる」

山口もえ

 山口もえとお笑い芸人の庄司智春(品川庄司)が、乳がん患者とその家族を支援する「J.POSH奨学金まなび」エイボン寄付式に登場した。

 化粧品及び美容関連製品を取り扱うエイボン・プロダクツは、乳がんの早期発見、早期診断を呼びかけるピンクリボン活動を2002年より実施。乳がん患者とその家族を支援する「J.POSH奨学金まなび」制度に寄付も行っている。

 今回は、家族を大切にしている芸能人の代表として、山口もえと庄司智春をゲストに迎え、10月のピンクリボン強化月間をPRした。

 現在、日本女性の12人に1人が乳がんになると言われていることや、乳がん患者の1%は男性であることなど、意外と知られていない情報に驚く2人。この日得た知識を誰に伝えたいか問われると、もちろん「ミキティー」とフリップに妻の愛称を書く庄司。続いて山口が、庄司のマネをするように「ゆうじぃー」と夫である田中裕二の名前を書いて会場の笑いを誘う場面も。

 庄司は家事を率先して手伝っていること、山口は結婚後初めて夫婦揃って人間ドッグに行ったことなどを話し、夫婦円満であることを伺わせた。

 また、現在乳がんで闘病中の小林麻央についてコメントを求められると、「麻央ちゃんのブログは毎日読んで、元気をもらっています。私は麻央ちゃんのブログで本当にたくさん励まされましたね。日本中が応援していると思います」とエールを贈った山口。

 「私は、1人暮らしの方とかがテレビを見ていて、私が少しおバカなことを言ったときにテレビ越しに『バカだな、この子』ってクスッと笑ってもらえたら良いなと思ってこの仕事を始めたんです。だから誰かを励ますことができるとか、元気づけるというのはすごく素敵なこと」と、山口は芸能活動を始めた当初の心情も明かした。

 庄司も、「海老蔵さん含め家族で闘っているので、(見ていると)僕ら家族も協力して頑張っていきたいなと思います。僕らが勇気を与えなきゃいけないのに、すごく勇気をいただいて頼もしいなと思ってみています」と、小林のブログを見て夫婦で語り合うこともあるという。

関連記事(外部サイト)