AKB48・島崎遙香の卒業に、指原莉乃、渡辺麻友、横山由依は?

AKB48・島崎遙香の卒業に、指原莉乃、渡辺麻友、横山由依は?

AKB48・島崎遙香の卒業に、指原莉乃、渡辺麻友、横山由依は?

 AKB48の島崎遥香が、求人情報サイト「バイトルNEXT」のCM発表会でAKB48の卒業を発表した。

 ここでは、島崎の挨拶とともに、登壇した指原莉乃(HKT48)、渡辺麻友(AKB48)、横山由依(AKB48)のコメントも合わせて紹介する。

■島崎遥香
「CMでもご覧頂いた通り、私自身もAKB48を、年内をもって活動を終了させて頂くことにしました。最後の握手会は幕張メッセで12月24日に、卒業公演はAKB48劇場で12月26日になります。活動としては12月31日までです。今回のCM撮影の際は、まだ卒業の実感がなかったです。これからの活動としては、今すぐに卒業して女優になりますと言えるほどの実力もないので、女優一本で行きますとは言えませんが、ここにいる記者の皆さま、ファンの皆さま、芸能関係者の皆さまの応援の声がある以上は、頂いたお仕事に全力で取り組んでいきたいなという前向きな気持ちはあります。(やってみたい仕事を聞かれ)ずっと夢だったことがあって、ジブリ映画の声優をやりたいなと思っています。ずっと最初からやってきた仲間の泣いてる姿を見てしまうと、(卒業するかどうか)揺れました。これからはいち視聴者として AKB48 メンバーを見て行きたいですし、応援させて頂きます」

■指原莉乃
「夏ごろに一回電話をしまして、こんなに努力が伝わらなくて、こんなに悩みや不安が表に伝わらない子っているんだな、って思ったんです。ほんとに不器用な子で。この子は、夢である女優さんであったりとかに真っ直ぐ取り組める子なので、皆さんに分かってもらえる時が来ると思います。そして、一つ、卒業前に約束をしました。AKB48で使っている(汚い)スリッパをすべて買い替えて卒業してもらいます」

■渡辺麻友
「(ジブリの声優に関して)私も、ジブリの人間ではないですが、なれると思います。いつか叶うんじゃないかな、と可能性のある夢だと思います。ぱるるとは、同い年なので、一生に一度の成人式を、一緒に共有できたというのはすごくよい思い出。朝3時くらいに集合して大変だったけど、いい思い出です。同い年のメンバーが卒業という、大きな決断を下したことに勇気を貰いました。ぱるるが新しい道に進んでいくということで背中を押してあげたいです」。

■横山由依
「私はぱるると同期でAKB48に加入しているので、実際こういう発表を聞くって、どういう気持ちになるんだろう、事前に何を話すか考えておこうと思ったんですけど、やっぱり言葉が本当に見つからないというか、一緒にやってきていいこともあったし、つらかったこともあったので……。総選挙の時に一回卒業しようと思っていると相談されたときに、泣いて止めたんです。そして、時間が経って卒業を改めて決めたと思うんですけど、ぱるる自身は強い気持ちがあったと思う。卒業してからもぱるるが活躍してくれることがメンバーにとってもファンにとっても励みになると思うので応援しています」

関連記事(外部サイト)