世界の人たちは「満月」をどう見ているのか

「草野満代夕暮れWONDER4」(9月25日放送)では、満月についてのエピソードを紹介した。


月と言えば、日本では「ウサギが餅をつく」という姿。人、国が代わればイマジネーションも変化します。世界各国では「月」がどのように見えているのか?

日本と同じうさぎ。でもお餅ではなく薬草を挽いているのは中国!
「ろば」は、南アメリカ
「ワニ」は、インド
「ほえるライオン」は、アラビア
「髪の長い女性」は、東ヨーロッパ・北アメリカ
「女性が編み物をしている姿」は、インドネシア
「大きな木とその下で休む男の姿」は、ベトナム
「悪行の報いとして幽閉された男の姿」は、オランダ…など世界各国でいろいろ。

お隣、韓国はなにかというと日本と同じ「お餅をつくウサギ」だそうです!

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

関連記事(外部サイト)