福原遥が短編アニメで声優「セリフが少ない分、込める思いを強く」

福原遥、短編アニメ『そばへ』で声優に挑戦 丸井グループと東宝がタッグを組んだ作品

記事まとめ

  • 福原遥が7日、東宝で行われた短編アニメ『そばへ』(石井俊匡監督)の製作発表に出席
  • 丸井グループと東宝がタッグを組んで製作した2分間の作品で福原遥が声優を務めている
  • 福原は雨の日になくした傘が少女となって雨の街を駆け巡る物語で少女の声を演じる

福原遥が短編アニメで声優「セリフが少ない分、込める思いを強く」

福原遥が短編アニメで声優「セリフが少ない分、込める思いを強く」

声優として参加した福原遥=東京・有楽町

 女優、福原遥(20)が7日、東京・有楽町の東宝で行われた短編アニメ「そばへ」(石井俊匡監督、14日に公式サイトなどで公開)の製作発表に出席した。

 丸井グループと東宝がタッグを組んで製作した2分間の短編アニメ。雨の日になくした傘が少女となって雨の街を駆け巡る物語で、少女の声優を務めた福原は「セリフが少ない分、込める思いを強くしました」とアピール。物語にちなんで雨の日の思い出を問われると、「小さい頃は傘を差さないで走り回り、友達とビショビショになりながらキャッキャしていました」とハニかんだ。

関連記事(外部サイト)