伊集院光、ピエール瀧容疑者に憧れや嫉妬も「何でそんなものが必要なんだ…」

伊集院光が30年来の友人ピエール瀧の逮捕にショック、「何でそんなものが必要なんだ」

記事まとめ

  • 伊集院光がTBSラジオ「伊集院光とらじおと」で、ピエール瀧容疑者への気持ちを吐露
  • 2人は30年ほど前に出会い、ピエール瀧が後に大活躍するとは想像がつかなかったという
  • 伊集院は「何でそんなものが必要なんだ」と今回の逮捕にショックを隠せない様子だった

伊集院光、ピエール瀧容疑者に憧れや嫉妬も「何でそんなものが必要なんだ…」

伊集院光、ピエール瀧容疑者に憧れや嫉妬も「何でそんなものが必要なんだ…」

伊集院光

 タレント、伊集院光(51)が13日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月〜木曜前8・30)に出演。12日深夜、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反(施用)の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたテクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)についての残念な気持ちを吐露した。

 「朝から気持ちのいい話じゃないです」と切り出した伊集院。「ピエール瀧が昨晩、薬物をやっていたということで逮捕されました」と事件について口を開いた。

 2人の出会いは30年ほど前だといい、「僕もほとんどテレビに出てない、ラジオだけ。向こうもインディーズのアルバムが売れて、上京してきてラジオなんか始めようというときに会いましてね。それからの付かず離れずみたいな付き合い」と説明した。

 51歳で同い年という2人。「当時20歳ぐらいのお互い何だか分からない頃に想像していた51(歳)っていうのは、51まで華やかなこの世界にいることはできず、おそらく何かしらで足を踏み外し、お互い警察のご厄介になっている可能性だってあるっていうほうがリアルだった」と回顧した。

 続けて「むしろ後のピエール瀧がこんな形の大活躍をするっていうほうが、全く想像がつかなかった。だから、彼に対して僕は尊敬や憧れや嫉妬や全部持っていたね。彼の昨今の仕事ぶりに対して」と瀧容疑者の才能を高く評価しつつも、「だから、何でそんなもの(薬物)が必要なんだっていう…」と、今回の逮捕についてショックを隠せない様子だった。

関連記事(外部サイト)