香取慎吾、国内初のアート作品展「ドキドキ、ブンブンしています」

元SMAP香取慎吾が国内初アート作品展に、「ドキドキ、ブンブンしています」と笑顔

記事まとめ

  • 元SMAPの香取慎吾が、国内初となる自身のアート作品展のプレスプレビューに出席した
  • 昨年ルーヴル美術館で展示したペインティング作品に新作を加えた100点超を展示した
  • 国内初個展開催に香取は「ドキドキ、ブンブンしています」と晴れやかな笑顔を見せた

香取慎吾、国内初のアート作品展「ドキドキ、ブンブンしています」

香取慎吾、国内初のアート作品展「ドキドキ、ブンブンしています」

個展開催に大喜びの香取慎吾

 元SMAPの香取慎吾(42)が14日、東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京で行われた国内初となる自身のアート作品展「サントリーオールフリー presents BOUM! BOUM! BOUM!(ブン! ブン! ブン!)香取慎吾NIPPON初個展」(15日〜6月16日)のプレスプレビューに出席した。

 昨年9月にパリのルーヴル美術館で展示したペインティング作品に新作を加えた100点超を展示。念願の国内初個展開催に香取は「いよいよこの時が来た。ドキドキ、ブンブンしています」と晴れやかな笑顔を見せた。

 同所は360度回転式の劇場で座席が回転するなど体感型のアート個展となる。昨晩まで同所で絵を描き続けていたといい、「床とか壁とか絵を描けるスペースがあるので6月までどんどん増やしていきたい」と創作意欲は旺盛で、「ぼくの内臓や遺伝子、歯形などがアートになっている。ぼくを近くで感じてほしい」と呼びかけた。

 「新しい地図」のメンバーである草●(=弓へんに剪)剛(44)はすでに来場しており、「さっきもいちばん後ろの席に座って見ていた。プロデュースされてるみたいでした」と笑わせた。

関連記事(外部サイト)