有村架純&坂口健太郎が純愛物語 「ひよっこ」手がけた岡田惠和氏脚本

 女優、有村架純(26)と俳優、坂口健太郎(27)が今夏放送のWOWOWドラマ「そして、生きる」に主演することが18日、分かった。

 有村主演のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」を手がけた脚本家、岡田惠和氏(60)の作品。東日本大震災のボランティアで出会った女優志望の瞳子(有村)と、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生、清隆(坂口)の純愛物語。2人は運命に翻弄されながらも力強く生きようとする。

 有村と坂口は2017年公開の映画「ナラタージュ」などで共演。役作りで髪を約15センチカットした有村は「お互い経験してきたことをぶつけ合い、楽しく、リラックスしながらよい作品にしたい」と気合十分。続けて「観てくださる方々の『そして、生きる』人生に少しでも響くものがあるように、精いっぱい私も役を生きますので、ぜひ楽しみにしていてください」とメッセージを送った。

 一方の坂口は今回、フィリピンロケを敢行。有村との共演については「瞳子(有村の役名)の気持ちに寄り添ったお芝居をしたい」と約束。「すごく繊細で、そこで生きている人の体温、匂いを感じる作品。とても悲しく、張り裂けそうになる瞬間もありますが、真摯に、清隆として生きる姿をみせたいです」と熱演を誓った。

関連記事(外部サイト)