藤田ニコルが、ゲテモノ料理を食べる企画がきっかけで男性ファンが増えたと告白

記事まとめ

  • 藤田ニコルがフジテレビ系「有吉弘行のダレトク!?」の最終回に出演
  • 昆虫の幼虫など、ゲテモノ料理を食べる企画がきっかけで男性ファンが増えたと語った
  • 有吉は「ニコルちゃんの人気ガンガン上がったけど、視聴率はガンガン下がる」と嘆いた

藤田ニコル、男性ファンが増えたキッカケは…有吉は嘆き

 モデルでタレントの藤田ニコル(21)が19日放送のフジテレビ系「有吉弘行のダレトク!?!?」(火曜後10・0)の最終回に出演。男性ファンが増えた理由を語った。

 最終回を迎えた同番組は、ゲテモノ料理を食べる企画「キモうま」の過去のVTRを放送。ナメクジ、昆虫の幼虫、タランチュラ、カメムシなどを食べる藤田の姿に、MCでタレント、有吉弘行(44)ら共演者からは改めて「すごい」と声が上がった。

 VTRが終わると、藤田は「これキッカケですもん。(自分が)ちょっと人気になったの。男性ファンが増えました。やってからどこにいっても言われました」と男性ファンの獲得に笑顔。

 有吉は「いろんなテレビ局のスタッフとかが見ていて、ニコルちゃんの人気ガンガン上がったけど、視聴率はガンガン下がる。気持ち悪いからみんな見ないのよ」と嘆いていた。

関連記事(外部サイト)