桂歌丸さんの弟子・桂歌蔵が小説家デビュー 「読んでいただけなかったことが心残り」

記事まとめ

  • 桂歌丸さんの弟子の桂歌蔵が、落語小説「よたんぼう」で小説家デビューした
  • "よたんぼう"とは"酔っぱらい"を意味し、作中ではリアルな落語の世界を描いている
  • 歌蔵はこれまですでに、「第3回藤本義一文学賞特別賞」などを受賞している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております