武田真治「露出高めで」筋肉サックス予告

武田真治「露出高めで」筋肉サックス予告

エンターテインメントショー「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」の製作発表に出席した左から石川直、武田真治、小島瑠璃子、米所裕夢=東京・青海

 俳優、武田真治(46)がパフォーマンスショー「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」(8月20日〜9月16日、東京・東急シアターオーブ)のスペシャルサポーターに就任し、10日に東京・台場のフジテレビで行われた製作発表に出席した。

 同ショーは、2003年の初来日から125万人を動員した人気公演で、ディズニー音楽とのコラボは3度目。

 タレント、小島瑠璃子(25)とともにサポーターに就任した武田は「音楽は筋肉の叫びだと思っています!」と力説。最近はNHKの体操番組「みんなで筋肉体操」で“筋肉キャラ”が定着しているだけに、「筋肉というワードを言うと記事に扱っていただける」と笑わせた。

 サックス奏者としても活躍する武田が、東京公演初日に出演することも決定。昨年末のNHK紅白歌合戦では演歌歌手、天童よしみ(64)とコラボしており、「まさかの腕立て伏せから始まり、サックスを吹く経験を積んでおります」と自信をみなぎらせ、小島から「トレードマークの筋肉を観客も待っていますよ」と水を向けられると「露出高めでうかがいます」と“筋肉演奏”を約束した。

 また、東京初日公演に交際中の一般女性を招待するか問われると、突然、手に持ったサックスを吹き、「空気を変えてみました」と“スルー”。「こちらもギリギリのところを提供したい」とサービス精神を見せつつ、「みなさん会場の入り口を張られるんでしょうか? お仕事を増やすので申し訳ないので明言は避けます」と笑顔でけむに巻いた。

関連記事(外部サイト)