高畑充希、初舞台の鈴木梨央と“演技バトル”「私の方がヘマしたりしそうな気が(笑)」

高畑充希が主演舞台「奇跡の人」の公開稽古でセリフなしの”演技バトル”披露

記事まとめ

  • 高畑充希が、主演舞台「奇跡の人」に出演する鈴木梨央らと公開稽古を行った
  • ヘレン・ケラーが題材の本作で、高畑と鈴木は10ページ以上セリフなしのシーンを披露
  • 高畑は鈴木について「14歳ながら経験も豊か」「私の方がヘマしたりしそう」と述べた

高畑充希、初舞台の鈴木梨央と“演技バトル”「私の方がヘマしたりしそうな気が(笑)」

高畑充希、初舞台の鈴木梨央と“演技バトル”「私の方がヘマしたりしそうな気が(笑)」

舞台「奇跡の人」の公開稽古を行った高畑充希(右)と鈴木梨央=東京・西池袋

 女優、高畑充希(27)が12日、東京芸術劇場プレイハウスで主演舞台「奇跡の人」(13〜29日)の公開稽古を鈴木梨央(14)ら共演陣と行った。

 見えない、聞こえない、話せないという三重苦の少女、ヘレン・ケラーとその家庭教師、アニー・サリヴァンを題材とした作品。過去に2度ヘレン役を演じた高畑が初のアニー役で、舞台初挑戦となる鈴木がヘレン役に挑む。

 最大の見どころは、食卓シーンでのアニーとヘレンのバトルだ。台本上では10ページにわたってせりふ無し、動きの指示のみという難易度の高いシーンで、高畑と鈴木は役柄同様、本気の“演技バトル”を披露している。

 初のアニー役について、高畑は「初めて言葉を発することができるので、この舞台のせりふの面白さや深さに気づかされています」と新境地を満喫している様子。

 鈴木との共演については「梨央ちゃんは14歳ながら経験も豊か。言われたことを具現化することがすごく早く、本番でも私の方がヘマしたりしそうな気がしますが(笑)、梨央ちゃんがいてくれたら大丈夫な気がしているくらい、安心感があります」と手応えを感じている様子だ。

 一方、鈴木は「初めての舞台で、今日まで1カ月以上、共演者の皆様と一つになって頑張ってこられたこと、この舞台に立てることが本当にうれしいです」と大感激。「高畑さんの映像とは違った舞台での姿を間近で見られたことや、アクションや動きなどのアドバイスをたくさんいただき、とても勉強になりました」と先輩に感謝している。

関連記事(外部サイト)