杉村太蔵、桜田前五輪相に「だいぞう」と言い間違えられた

杉村太蔵が桜田義孝前五輪相に言及 「私のことも『だいぞう、だいぞう』」と苦笑

記事まとめ

  • 杉村太蔵がTBS「サンデー・ジャポン」に生出演し、桜田義孝前五輪相について言及
  • 杉村は「名前を間違えることはよくあった。私のことも『だいぞう』と」と苦笑いした
  • 桜田氏は、東日本大震災の復興よりも自民党議員の方が大事と受け取れる発言で辞任

杉村太蔵、桜田前五輪相に「だいぞう」と言い間違えられた

杉村太蔵、桜田前五輪相に「だいぞう」と言い間違えられた

杉村太蔵

 元衆院議員のタレント、杉村太蔵(39)が14日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。東日本大震災の復興よりも自民党議員の方が大事と受け取れる発言で事実上更迭された桜田義孝前五輪相(69)について言及した。

 「実は私と桜田さんは師弟関係、上司と部下の関係といっても過言ではなかった。初当選して配属されたのが厚生労働委員会。そのときの厚生労働委員長は桜田さん」前置きした上で、「確かに当時から名前を間違えることはよくあった。私のことも『だいぞう、だいぞう』と」と苦笑いを浮かべた。

 「この半年、国会の答弁や記者会見を見ても質問の内容が理解できてない」と指摘。「過度なストレスで睡眠時間も取れていない。年齢も69歳。冗談ではなく一度、健康チェックをしていただきたい」と気遣っていた。

関連記事(外部サイト)