美智子さまのドラマ、タモリ司会の生特番「FNN報道−」で放送へ

 昭和、平成を通じ、国民とともに歩んでこられた皇后美智子さまの軌跡が初めてドラマ化されることが14日、分かった。30日放送のフジテレビ系「FNN報道スペシャル 平成の“大晦日”令和につなぐテレビ」(後6・30)の中で、美智子さまのそばに仕える東宮女官長の目線から描かれる。女官長を演じる女優、永作博美(48)は「私とはかけ離れた世界…」と戸惑いつつ、撮影に臨んでいる。

 美智子さまのドラマが放送される「FNN報道スペシャル−」は、タモリ(73)が総合司会を務め、三田友梨佳(31)、椿原慶子(33)両アナウンサーがサポートする。令和元年を迎える5月1日午前0時55分までの6時間半特番。番組では全国各地を生中継で結び、令和ゆかりの土地や新元号を迎える人々の思いをタイムリーに伝える。さらに、5月1日に天皇に即位される皇太子さまと皇太子妃雅子さまの知られざるお姿を関係者が初めて明かすなど盛りだくさんの内容だ。

関連記事(外部サイト)