小倉智昭、菊川怜は「特別扱いはしなかった」 東大入学式での上野名誉教授の祝辞受け

小倉智昭、菊川怜は「特別扱いはしなかった」 東大入学式での上野名誉教授の祝辞受け

小倉智昭

 フリーアナウンサー、小倉智昭(71)が13日、メインMCを務めるフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月〜金曜前8・0)に生出演。東京大学名誉教授の上野千鶴子氏(70)の入学式での祝辞について言及した。

 番組では上野氏が祝辞の中で現実社会のおいて女性に対する差別が歴然と存在し、決して東大も例外ではなく「頑張ってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています」と話したことなどを紹介。小倉は「僕はそんなに悪い演説じゃなかったなって思うけど」と自らの感想を述べた。

 さらに東大の女子学生が合コンで自らの大学について明かすことを「引かれるから」という理由で躊躇するとの上野氏の見解について、小倉は「引かれるというよりも、例えば『とくダネ!』にも菊川怜さんいらっしゃったじゃないですか」と、かつての番組アシスタントを引き合いに出し、「『さすがだな』って思う面もあったり、『あれ? 東大でもこういうこと知らないんだ』って思うこともあったりして。特別扱いはそんなにはしなかったんだけど」と振り返っていた。

関連記事(外部サイト)