菅田将暉、主人公役の依頼を受け「詐欺かと思った」

菅田将暉、米映画「シャザム!」日本語吹替で主人公の声担当 依頼には「詐欺かと」

記事まとめ

  • 菅田将暉が16日、米映画「シャザム!」の日本語吹き替え版の完成試写会に出席
  • 菅田は主人公・シャザム役の声を担当、ドラマ「3年A組」の撮影後に依頼を受けたという
  • 「観に行こうと思っていた2日後にオファーが来て。詐欺かと思った」と笑わせた

菅田将暉、主人公役の依頼を受け「詐欺かと思った」

菅田将暉、主人公役の依頼を受け「詐欺かと思った」

米映画「シャザム!」の日本語吹き替え版完成披露試写会に出席した左から平野綾、阪口大助、菅田将暉、緒方恵美

 俳優、菅田将暉(26)が16日、東京・新宿ピカデリーで行われた米映画「シャザム!」(19日公開)の日本語吹き替え版完成試写会に出席。主人公・シャザム役の依頼を受けたのは、日本テレビ系主演ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」の撮影後だったといい、「その頃には予告が流れていて、観に行こうと思っていた2日後にオファーが来てびっくり。詐欺かと思った」と笑わせた。

関連記事(外部サイト)