岸惠子が朗読会の会見で萩原健一さんをしのぶ"弟のように思っていました"としんみり

記事まとめ

  • 岸惠子が朗読会『ひとり語り 輝ける夕暮れ』の会見で萩原健一さんをしのんだ
  • 「本当にショック。素晴らしい才能がある人。弟のように思っていた」と語った
  • 「母が亡くなったときに最初に来てくれたのもショーケンでした」と懐かしんだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております