昨年数々の新人賞を獲った注目女優、木竜麻生が連ドラ単独初主演!

木竜麻生が連続ドラマに単独初主演 木竜は初主演映画などで数々の新人賞を獲得

記事まとめ

  • 木竜麻生が「まどろみバーメイド〜屋台バーで最高の一杯を。〜」で連ドラに単独初主演
  • 同作は女性バーテンダー3人の成長を描く物語で、玄理、八木アリサが共演する
  • 木竜は昨年、初主演映画「菊とギロチン」などで数々の新人賞を獲得した

昨年数々の新人賞を獲った注目女優、木竜麻生が連ドラ単独初主演!

昨年数々の新人賞を獲った注目女優、木竜麻生が連ドラ単独初主演!

バーテンダーに扮して最高のカクテルを作る左から八木、木竜、玄理

 女優、木竜麻生(24)が7月13日スタートのBSテレ東「まどろみバーメイド〜屋台バーで最高の一杯を。〜」(土曜深夜0・0、テレビ大阪は土曜深夜0・56)で連続ドラマに単独初主演することが12日、分かった。

 原作は「週刊漫画TIMES」で連載中の同名漫画で、個性的な女性バーテンダー3人の成長を描く物語。木竜は屋台バーを営む雪を演じる。

 客の特徴、気候などを考慮して客が最も求めている味のカクテルを提供する天才バーテンダーで、制作側から「泰然としたオーラ、凜としたたたずまいが雪にピッタリ」と起用された。雪と同居する高級ホテルバー勤務の騎帆役を玄理(ひょんり、32)、派手なパフォーマンスを得意とする日代子役を八木アリサ(23)が務める。

 木竜は昨年、初主演映画「菊とギロチン」などで数々の新人賞を獲得。ブレーク必至の演技派は「バーテンダーという難しい役柄をやらせていただくことになり、今まで知らなかったカクテルやバーテンダーの魅力に触れています。まだ探り探りではありますが、良いものにしていけたら」と新境地開拓に胸を躍らせている。

関連記事(外部サイト)