堤真一、中学の野球部監督しのびしみじみ「生きていたら劇場で…」

堤真一、中学の野球部監督しのびしみじみ「生きていたら劇場で…」

映画「泣くな赤鬼」の公開御礼舞台あいさつに登壇した左から川栄李奈、堤真一=東京・新宿

 俳優、堤真一(54)が15日、東京・新宿バルト9で行われた主演映画「泣くな赤鬼」(兼重淳監督)の公開舞台あいさつに登壇した。

 作家、重松清氏の短編小説が原作。甲子園を目指す高校野球の監督と教え子の再会から物語が始まることから「再会したい人」を聞かれ、「中学の野球部の監督がめちゃくちゃ怖かった。その先生に見ていただきたいと思っていたら、2カ月くらい前に亡くなっちゃって…。生きていたら劇場で見てくれただろうなと思います」としみじみ。

 先月、俳優の廣瀬智紀(32)との結婚&妊娠を明らかにした川栄李奈(24)も、ゆったりしたワンピースとローヒールのサンダルで姿を見せた。

関連記事(外部サイト)