武田鉄矢、小嶺麗奈被告に「来年は同窓会に来いや」 “教え子”に呼びかけ

武田鉄矢、小嶺麗奈被告に「来年は同窓会に来いや」 “教え子”に呼びかけ

小嶺麗奈被告

 俳優、武田鉄矢(70)が16日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された元女優、小嶺麗奈被告(38)に言及した。小嶺被告はTBS系ドラマ「3年B組 金八先生」に武田の教え子役として出演していた。

 武田は逮捕の一報を「博多で仕事をしている時に聞いた」とし、「まあ、ショックはショックですよね。まがりなりにも、うその先生と教え子の関係ですけど、やっぱり警察の車両に乗っている教え子っていうのを見ると切なくなりますよね」と表情を曇らせた。

 「お別れしてから彼女とはもう24年近く会っていません。そういうお付き合いが嫌いなんでしょうけど、同窓会に来る子ではないんですよね」と説明。武田は「3年B組−」の教え子との同窓会を年に1度、花見を兼ねて4月に行っているといい、「この番組をどこかで見てたら、まあ来年は(同窓会に)来いやと。桜の季節にね」と、呼びかけた。さらに「それともう一つ、彼女の顔つき見てて思ったんですけど、恋人らしき男性(田口淳之介被告)ですね、好きなんでしょうね。そんな顔してましたよね。一緒にどこまでもみたいな、決心がうかがい知れたんで、それはそれなりにいいことではないかなと思います」と話した。

 小嶺と同じ7日に保釈されたアイドルグループ、KAT−TUNの元メンバーの田口淳之介被告(33)が保釈時に土下座謝罪したことについては「みじめですよね、あの構図は」と印象を語り、「彼は騒ぎになってから、いかに起こした騒ぎが大きかったか、自分の人生にとってマイナスかっていうのを思い知ったと思う」と指摘した上で、「なるべく早く立ち直ってほしい」と話していた。

関連記事(外部サイト)