小林幸子、鶴岡のホテルで新潟地震遭遇…クローゼットの中で「悲鳴も出ず」

小林幸子、鶴岡市内のホテルで新潟地震に遭遇 「恐怖で悲鳴も上げられなかった」

記事まとめ

  • 小林幸子は山形県酒田市の公演後に移動した鶴岡市内のホテルで震度6弱の地震に遭った
  • 小林は「クローゼットの中に入ったら横揺れが。恐怖で悲鳴も上げられなかった」と告白
  • 小林は新潟市出身で新潟県中越地震の復興支援も継続、「すごく辛い」と目を潤ませた

小林幸子、鶴岡のホテルで新潟地震遭遇…クローゼットの中で「悲鳴も出ず」

小林幸子、鶴岡のホテルで新潟地震遭遇…クローゼットの中で「悲鳴も出ず」

公演先の山形県内で震度6弱の地震に遭遇した演歌歌手、小林幸子は帰京してその恐怖を語った=19日、東京・羽田空港

 演歌歌手、小林幸子(65)は山形県酒田市の公演後に移動した鶴岡市内のホテルで震度6弱の地震に遭った。帰京した19日、羽田空港で報道陣の取材に応じ、「突然、ドカーンと縦揺れが来て。どうしたらいいか分からずクローゼットの中に入ったら、今度は横揺れが。恐怖で悲鳴も上げられなかった」と告白。新潟市出身で、2004年の新潟県中越地震の復興支援も続けており「本当に複雑。何回もこういう目に遭ってきた故郷の皆を思うと、すごく辛い」と目を潤ませた。

関連記事(外部サイト)