川崎麻世、主演朗読劇で「戦争はあってはならないと作品を通して伝われば」

川崎麻世、主演朗読劇で「戦争はあってはならないと作品を通して伝われば」

朗読劇「遠き夏の日」の製作発表会見に出席した川崎麻世=東京・芝公園

 俳優、川崎麻世(56)は22日、東京都内で行われた主演朗読劇「遠き夏の日」(東京・中目黒キンケロ・シアター、9月20〜22日)の製作発表に歌手、日野美歌(56)らと出席。今年6月にがんで死去した特撮ドラマ「ミラーマン」で知られる俳優の石田信之さん(享年68)が原作を手掛けた作品。戦争を題材にした物語に「子供の頃は戦争時代、食べ物がなかったと聞かされてきた。戦争はあってはならないと作品を通して伝われば」。

関連記事(外部サイト)