橋下徹氏、京アニ放火の青葉容疑者に「一人で死んでほしい」

【京都アニメーション放火事件】橋下徹氏は容疑者に「一人で死んでほしい」と主張

記事まとめ

  • 前大阪市長で弁護士の橋下徹氏は『ウェークアップ!ぷらす』にゲスト出演した
  • 橋下氏は、京都アニメーション放火事件の容疑者に「僕は一人で死んでほしい」と主張
  • 「教育でやったからってこの犯人が止まるとは思いませんよ」などと持論を展開した

橋下徹氏、京アニ放火の青葉容疑者に「一人で死んでほしい」

橋下徹氏、京アニ放火の青葉容疑者に「一人で死んでほしい」

橋下徹氏

 前大阪市長で弁護士、橋下徹氏(50)が27日放送の日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜前8・0)にゲスト出演。京都アニメーション放火事件の容疑者に「僕は一人で死んでほしい」と訴えかけた。

 番組は京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで34人が死亡した放火殺人事件を特集し、青葉真司容疑者(41)が全身にやけどを負って救急搬送され、意識不明となっていることを伝えた。

 橋下氏は「正直言ってどうすべきがわからないですし、責任能力の問題もあるし、裁判にもなっていないので確定したことはこの容疑者には言えないですけど」と前置きし、「一般論として、悩んでいる人をしっかり支える社会システムを必要なのは当たり前のこと。でも本当にやむを得ず自暴自棄になってどうしようもないってなったときには、僕は一人で死んでほしいですよ」と主張した。

 続けて「一人で死ねっていうことが批判的に言われましたけど。社会で支えるいろんなシステムを作るのは当たり前なんですけど。でも最後にどうしてもっていうときには、自分の命は人に迷惑かけずに自分で絶てっていうことは、教育でやったからってこの犯人が止まるとは思いませんよ。でも、僕は社会でしっかりとこういうことは言い続けるべきだと思います。こんなこと犠牲にしてどうするんですか」と持論を展開した。

関連記事(外部サイト)