ディープインパクト急死に芸能界も悲しみの声 サブちゃん「悲しい」

【ディープインパクト急死】キタサンブラックのオーナー、北島三郎が追悼「安らかに」

記事まとめ

  • ディープインパクトが急死したことを受け、北島三郎が「どうぞ安らかに」と追悼した
  • 市川海老蔵はブログで悲しさを吐露、ディープの雄姿を振り返り、思いをはせた
  • 麒麟の川島明やカンニング竹山らも、Twitterなどに思いをつづっている

ディープインパクト急死に芸能界も悲しみの声 サブちゃん「悲しい」

ディープインパクト急死に芸能界も悲しみの声 サブちゃん「悲しい」

引退レースの第51回有馬記念を優勝したときのディープインパクト。多くのファンがその死を悼んだ(2006年12月24日撮影)

 多くの競馬ファンに愛されたディープインパクトが急死した30日、芸能界の競馬通の間にもショックと悲しみの輪が広がった。

 歌手、北島三郎(82)は所属事務所を通じ、文書で「競走馬としてはもちろん、種牡馬としても世界に誇る偉大な名馬でした」としみじみ。関係者によると、静かな口調で受け止めたそうで、「生きとし生けるもの…いつかお別れする時は訪れるのですが、寂しいです。どうぞ安らかに」と続けた。

 北島がオーナーのキタサンブラック(牡7歳)は、2016年のジャパンカップなどディープと同じくGI7勝を挙げ、種牡馬として活躍中=名義は(有)大野商事。父、ブラックタイド(牡18歳)はディープと両親が同じ。人間で言えば実兄で、キタサンブラックはおいだった。それだけに、北島も感慨深いものがあるようだ。

 歌舞伎俳優、市川海老蔵(41)はブログに「かなしい、かなしい、忘れられない名馬」とつづり、「ダービーも皐月も菊花も出遅れても勝った、直線!」などとディープの雄姿を振り返って思いをはせた。

 お笑いコンビ、麒麟の川島明(40)はツイッターで「産駒にもその強さは受け継がれ今もなお競馬界を創造し続ける偉大すぎる血統です。天国で名馬たちとのんびり走ってくださいね」と追悼。カンニング竹山(48)らも次々とツイッターなどに思いをつづった。

関連記事(外部サイト)