松下奈緒が引き抜く!ドラマ『引き抜き屋』で「最高で最強のヘッドハンター」目指す

松下奈緒が引き抜く!ドラマ『引き抜き屋』で「最高で最強のヘッドハンター」目指す

優秀な人材を獲得するヘッドハンター役で新境地を開く松下

 女優、松下奈緒(34)が11月スタートのWOWOWドラマ「引き抜き屋〜ヘッドハンターの流儀〜」(土曜後10・0、全5回)に主演し、優秀な人材に転職を斡旋するヘッドハンター役に初挑戦することが22日、分かった。同作では、新人ながら一流ビジネスマンやライバルの同業者と対峙する女性を熱演し、「最高で最強のヘッドハンターを目指します」と約束した。

 実際の企業でも行われる熾烈なヘッドハンティング。優秀な人材確保のために総合的戦略が求められるクールなヘッドハンター役に松下が挑む。

 一般的には暗躍するイメージがある仕事だけに、主演の松下も「私もこの作品で初めてこの職業を知りました」と興味津々。「引き抜き屋〜ヘッドハンターの流儀〜」はミステリーやサスペンスに定評がある作家、雫井脩介氏(50)の「引き抜き屋」が原作で、ヘッドハンティングを巡る壮絶な駆け引きや裏切り、だまし合いなどをリアルに描く。

 今年はNHK連続テレビ小説「まんぷく」で主人公(安藤サクラ、33)の姉役を好演して話題の松下。すでに「引き抜き屋〜」の撮影に入っており、現場では実際にヘッドハンターを取材したスタッフらと打ち合わせをしながら、演技のイメージを膨らませている。

 自身が演じる新米ヘッドハンター・小穂(さほ)について「プライドは高いけれど、素直で頭の切れる女性。高圧的にならず、逆境に負けない強さを持ちながら人の心に寄り添える」と分析。裏切られながらも、仕事にやりがいを見いだす主人公とともに成長することを誓った。

 小穂の前にライバルとして立ちはだかる敏腕ヘッドハンター・戸ケ里役は初共演の俳優、渡部篤郎(51)。その重厚感のある演技と対峙する松下は「最高で最強のヘッドハンターを目指します」と対抗心を燃やしている。

 松下の同僚役で内田有紀(43)、上司役で小手伸也(45)も出演。実力派たちの“ビジネス戦争”に注目だ。

物語

 父親が社長を務めるアウトドアメーカー幹部だった鹿子小穂(松下)は突然、解雇される。その背景にはあるヘッドハンターの暗躍が噂されていたが、小穂は別のヘッドハンター・渡会花緒里(内田)の誘いでヘッドハンティング会社に入社。さまざまな思惑が入り乱れる新たな仕事現場で、一筋縄ではいかない一流企業人やライバルのヘッドハンター・戸ケ里政樹(渡部)らを相手に奮闘する。

関連記事(外部サイト)