杉良太郎、10日に静岡に豪華歌手を迎えてふるさと創生音楽祭開催

 歌手で俳優、杉良太郎(75)が10日、静岡市民文化会館で自身プロデュースの音楽祭「第二回演歌・歌謡曲の祭典 in 静岡〜ふるさと創生 プロ・アマ音楽祭〜」を開催する。

 ステージ上でトップ歌手が観客と持ち歌をデュエットするのが特徴の「演歌・歌謡曲の祭典」。国民に愛される演歌・歌謡曲の力で地域を活性化させたいという杉の提唱で5月8日に和歌山県で第1回を開催。約4000人のファンが参加型という新感覚の音楽祭を楽しんだ。

 今回はその盛況ぶりが話題となり、早くも第2回が決定。新曲「愛の一滴」が話題の杉のほかに山本譲二、瀬川瑛子、伍代夏子、コロッケ、太田克樹、カテリンが出演。ものまねのレパートリーが300を超えるコロッケの爆笑パフォーマンスにも注目が集まる。

 プロデューサーの杉は「ふるさと創生のため、47都道府県での開催を目指す」と話しており、今後の展開にも注目が集まる。音楽祭についての問い合わせは静岡企画。詳細は電話番号054−252−2636まで。

関連記事(外部サイト)