千葉に元気届けた!稲垣&草なぎ&香取、初フェスでトシちゃんと“合体”

千葉に元気届けた!稲垣&草なぎ&香取、初フェスでトシちゃんと“合体”

軽快なダンスと歌で被災地に希望を届けた草なぎ、稲垣、香取=千葉・袖ケ浦市

 ロックバンド、氣志團が主催する野外フェスティバル「氣志團万博2019」が15日、千葉・袖ケ浦海浜公園で最終日を迎えた。台風15号の影響で県内が停電や断水の被害に見舞われる中、前日14日と合わせた2日間で33組が出演し、約4万5000人が集結。この日は、元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)と歌手、田原俊彦(58)も出演。ともに音楽フェス初出演で被災地に元気と希望を届けた。

 トシちゃん、ももクロ、EXILEのTAKAHIRO(34)にGLAYのHISASHI(47)…。深い傷痕が残る房総が豪華スターによって熱く燃えた。

 ひと際大きな歓声を浴びたのが稲垣、草なぎ、香取の元SMAP。日が暮れたステージに青い照明が灯り、真っ白な衣装の3人がせり上がって登場すると、会場の2万5000人は歓喜した。

 代表曲「雨あがりのステップ」などを熱唱し、斉藤和義(53)の名曲「歩いて帰ろう」では氣志團とコラボ。團長の綾小路翔は「スーパースターとステージに立てるとは…」と感激した。

 草なぎと香取は13日に千葉市のFMラジオ局に救援物資を届けたが、今度は3人で被災地入り。香取は「離れていても心は一つ」と呼びかけた。

 また、3人が所属していたジャニーズ事務所の先輩、田原は赤いジャケット姿で58歳とは思えないキレキレダンスで代表曲「ハッとして!Good」や「抱きしめてTONIGHT」を熱唱。

 同じステージに立つことはなかったが、稲垣らと楽屋で対面したといい、「20年ぶりくらいの再会。またどこかでコラボできることがあればうれしい」と語り、ファンを感激させた。

 11回目を迎えた氣志團万博。9日に上陸した台風15号の影響で千葉県南部では現在も停電や断水が続くだけに自粛を促す声も上がったが、発電機を持ち込み、自給電力でまかなうなどして決行。

 14日には袖ケ浦市民1000人を招待したほか、会場に募金箱を設置するなど復興支援イベントとして開催を決めた。

 この日は17組が出演。ももいろクローバーZは氣志團に感謝状を渡し、リーダーの百田夏菜子(25)は「今年の開催にあたっては最高に格好いい判断をなさった」と脱帽。TAKAHIRO、HISASHIらによる4人組バンド、ACE OF SPADESは、EXILEの名曲「Rising Sun」を披露。HISASHIは「夜は停電が目立って緊張感が高まった。早期復興を願っています」と励ましていた。

関連記事(外部サイト)