なんて大規模なんだ!『アサヒスーパードライ』が総勢50組のYouTuberとコラボ

2022年3月17日、YouTuberのHIKAKINさんが、YouTubeチャンネル『HikakinTV』に1本の動画を投稿。

「マグロ丼が食べたい」とのことで、わざわざある達人の家を訪れました!

HIKAKINさんが訪れたのは、魚をさばく動画で話題のYouTubeチャンネル『きまぐれクック』の、かねこさんの自宅でした。

80kgもあるマグロを2人がかりでさばくと、豪華な海鮮丼と舟盛りが完成します。食べる直前…2人が取り出したのは、銀色の缶が特徴の、『アサヒスーパードライ(以下、スーパードライ)』!

こちらの動画は、発売から36年目を迎えたスーパードライが、初めてフルリニューアルして『新スーパードライ』になったことから、HIKAKINさんとコラボしたものです。

なんとHIKAKINさんを含めて総勢50組のYouTuberとコラボしているとか!

動画はスーパードライの誕生日にかけた、同年3月17日から順次公開。YouTuber集団の『Fischer’s(フィッシャーズ)』や、はじめしゃちょーさんなども面白い企画に挑戦していますよ。

■日本全国を巡るプロモーションも驚きの規模

プロモーションは、YouTuberとのコラボだけではありません。

さらに、スーパードライのフルリニューアルに合わせ、飛行船『新スーパードライ号』と、移動式イベントカー『スーパードライミュージアムカー』が日本全国を巡ります。

■現代によみがえった飛行船!

スーパードライが発売された翌年の1988年に、広告塔として運航して大きな話題となったのが、飛行船『スーパードライ号』。

2022年3月31日には『新スーパードライ号』として復活します!

顔を上げなきゃ、見えない景色がある。

さぁ、空を仰ぎ見よう。

34年前に見上げた『スーパードライ号』を思い出し、懐かしく感じる人もいるのではないでしょうか。

飛行船は、同日から5月30日までの約2か月をかけて、北海道から北九州までの日本列島の空を周遊。

『Look UP! JAPAN』をテーマに、空を見上げることで生まれる、高鳴る気持ちをつなげていきます。

運航がスタートしたら、飛行船と連動したTwitter投稿キャンペーンや、空撮をつなぎ合わせた動画の公開など、盛り上がるイベントが目白押し!

想像以上に飛行船関連の催しが展開されるというので、続報が待ち遠しいですね。

■どこでも工場見学ができる!?

『スーパードライミュージアムカー』のキャラバンは飛行船より長く、同年3月25日から10月まで、全国の主要都市を巡る予定。

移動式イベントカーでは、仮想現実(VR)専用のゴーグルを着用して、ビール工業見学の疑似体験ができますよ!

ほかに、スーパードライの製造工程・歴史の展示も実施。

また、選ばれし注ぎ手が監修した工場でき立ての『新スーパードライ』も人々に届けます。まさに、コンパクトなミュージアムが街にやって来るかのようですね。

缶のデザインをシンプルにするとともに、キレのよさを維持しながら飲みごたえを向上させた『新スーパードライ』。

プロモーションと一緒に、新しい味を楽しみましょう!


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)