松田聖子が、ディナーショーで復帰 「沙也加と歌ってまいります」

松田聖子が、ディナーショーで復帰 「沙也加と歌ってまいります」

松田聖子が、ディナーショーで復帰 「沙也加と歌ってまいります」の画像

2022年4月9日、歌手の松田聖子さんが、東京都内のホテルで、ディナーショーを開催しました。

2021年12月18日に、娘であり、俳優や歌手として活躍していた神田沙也加さんが、35歳という若さで急逝。

松田さんは、同月31日の歌番組『紅白歌合戦』(NHK)の出演を辞退し、自身の公演を中止するなど、活動休止状態が続いていました。

約4か月ぶりの活動となる、ディナーショーの冒頭で、松田さんは沙也加さんについて、このように想いを語っています。

ステージ序盤、「私の娘は天国に旅立ちました。突然のことで現実を受け止められず…今でも信じられない気持ちです」と報告。「沙也加は小さな頃から歌が大好きでした。おもちゃのマイクを持ち、私の『Rock’n Rouge』を歌っていました。それが昨日のようです」と振り返った。

サンケイスポーツ ーより引用

その後、「私は沙也加の歌声が大好きでした。今も彼女の歌声は私の中に響いています」と、涙をこらえながら天井を見上げた、松田さん。

続けて、「これからも皆さんの温かい応援を胸に、感謝の気持ちを忘れずに、この先もずっと頑張って…沙也加と歌ってまいります」と語りました。

松田さんの言葉に、ファンからは約30秒間の温かい拍手が送られています。

松田さんの活動復帰について、さまざまな声が上がりました。

・心の傷は、ずっと癒えることはないのだろうと思います。それでも『松田聖子』として立ち上がる姿に涙が出ました。

・深い悲しみの中、中止していたディナーショーから再開するところが、さすがプロだと思いました。ずっと応援しています。

・親として、我が子を失うことほど、つらいものはない。心が壊れてしまわないよう、無理はしないでほしい。

・まずは1歩を踏み出すことができたのですね。本当にすごいと思います。悲しみは尽きないけれど、前を向こうとする姿を応援したい。

今後、2022年5月に大阪府のホテルでディナーショーを、また、同年6月からは全8公演の全国ツアーに臨む、松田さん。

癒えることのない深い悲しみを抱きながらも、再出発した松田さんを、多くの人が応援しています。


[文・構成/grape編集部]


出典
サンケイスポーツ

関連記事(外部サイト)