三浦春馬さんが亡くなって四十九日 経緯などを公表し報道の誤りを指摘

三浦春馬さんが亡くなって四十九日 経緯などを公表し報道の誤りを指摘

三浦春馬さんが亡くなって四十九日 経緯などを公表し報道の誤りを指摘の画像

2020年9月4日、俳優の三浦春馬さんが亡くなってから四十九日を迎えたことを受けて所属事務所の『アミューズ』はウェブサイトを更新。

これまで明らかにしていなかったことや、今後について発表しました。

■『三浦春馬基金』を立ち上げ予定

「四十九日の間、事実を受け止めるべく喪に服しておりました」と説明する所属事務所。

同日までに把握していることを、公表しています。

【当日の経緯について】

午後から予定されていた仕事に向かうため、約束の時間に担当マネージャーが自宅へ迎えに行きましたが、メール・電話等に返事がなかったので、部屋へ向かいました。インターフォンを鳴らしましたが応答がなかったため、管理会社の方に連絡し、部屋の鍵を開けていただき入室したところ、すでに意識のない状態でした。

応急手当をするとともに、すぐに警察と救急に連絡を入れ、病院に搬送されましたが、懸命な救命処置も及ばず14時10分に永眠いたしました。

その後、警察による現場及び時間経過の検証の結果、事件性は確認されず、検視の結果から死因は自死であるとの報告を受けました。

一部報道で「撮影現場に本人が現れないため、マネージャーが不審に思い自宅に確認に行った」と報じられておりますが、仕事の際にはマネージャーが送迎しておりますので、そのような事実はございません。

三浦春馬に関するお知らせ ーより引用

また、一部では「遺書があった」という報道もありましたが、結果として見つかっていないことを説明しました。

【遺書の存在について】

警察の現場検証の結果、本人が日頃から役作りなど様々な思いを綴ったノートは自宅から発見されましたが、遺書はありませんでした。

そのノートにも、自死の動機や原因と直接結びつくような内容はなく、また、ファンの皆さま、スタッフ、アーティスト仲間などへ遺した文章や、遺書なども結果として見つかっておりません。

三浦春馬に関するお知らせ ーより引用

ほかにも、仕事の進め方については担当マネージャーとの間で丁寧なやり取りがあったとし、留学にまつわる一部の報道を否定しました。

【仕事の進め方について】

仕事の進め方に関しては、出演のオファーをいただいた時点で、スケジュール、作品の持つ意味合い、そして本人の思いなども含めて、その都度、本人と担当マネージャーとの間で丁寧に話し合いながら進めて参りました。

なお、一部報道に「留学を中止して帰国するようにマネージャーが指示した」といった内容の記事がございましたが、そのような事実はございません。

三浦春馬に関するお知らせ ーより引用

■三浦春馬出演ミュージカル『キンキーブーツ』の映像化についても言及

また、ネット上では、三浦さんと、俳優の小池徹平さんが主演を務めたミュージカル『キンキーブーツ』の映像化を求める声が多数寄せられていました。

しかし、海外の作品を日本版として上演する場合、多くが権利の問題で映像化できません。

全編映像化はできないものの、多数寄せられた声に少しでもこたえるため、特別映像を作成すると発表しました。

さらに、あらゆる困難に立ち向かう人々への寄付をする『三浦春馬基金』を検討しているといいます。

【三浦春馬の作品について】

取り組んで参りました作品で未公開のものに関しては、関係者の皆さまと協議を重ね、放送、公開に向けて調整を進めさせていただいております。ファンの皆さまからは、過去に出演した作品の映像化に関するご要望も多数いただいております。

特に、お問い合わせの多かったブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』に関しましては、権利の問題で全編映像化は叶わなかったものの、ブロードウェイサイドの皆さまのご厚意で、15分程度の特別映像を後日アップさせていただく事となりました。

また、完売しておりました『キンキーブーツ』サントラCDに関しては、再プレスを行い、本日よりネット通販でご購入いただける状況が整っております。

その他の出演作品に関しても、引き続き関係各所と検討を進めて参ります。

なお今後、三浦春馬に関する弊社の全ての利益は、三浦春馬基金(仮称)を2020年内に立ち上げ、本人の遺志を継ぎ、これまで携わってきた「Act Against AIDS(現ACT AGAINST ANYTHING)」の活動を通し、ラオフレンズ小児病院を始めとする、あらゆる困難に立ち向かう人々への寄付・支援に充てさせていただきます。

三浦春馬に関するお知らせ ーより引用

■お別れ会を実施予定

所属事務所は『追悼サイト』を立ち上げ、『追悼サイト』を立ち上げ、ファンからの想いを預かっていました。

今後、新型コロナウイルス感染症の状況を見つつ、『お別れ会』を開く予定だといいます。

【「お別れの会」について】

現在、想いを届けていただく場所とし立ち上げさせていただいた「追悼サイト」へ、毎日、多くのファンの皆さまから沢山のメッセージをいただいております。

「お別れの会」に関しては、応援してくださった皆さまの沢山の愛で溢れる場にできるよう、2020年内の実施を予定しております。新型コロナウイルス感染の拡大状況を見ながら、実施の日程や方法を検討しておりますので、詳細が決まり次第、改めてお伝えさせていただきます。

三浦春馬に関するお知らせ ーより引用

所属事務所の発表に、ファンからはさまざまな声が寄せられていました。

・まだ信じられないです。どこかでまだお芝居をしてくれているような気がします。

・三浦さんのことは一生忘れません。ブロードウェイサイドの協力に感謝です。

・いろいろな報道があって、何を信じるべきなのか分かりませんでした。しっかりと訂正してくれてありがとうございます。

三浦さんを失った悲しみは四十九日を迎えてもまだ癒えないもの。

あらゆる困難に立ち向かう人々への寄付として、『三浦春馬基金(仮)』に協力すれば三浦さんもきっと喜んでくれるでしょう。


[文・構成/grape編集部]


出典
三浦春馬に関するお知らせ

関連記事(外部サイト)