店のセットに車で突っ込む  その後の、みのもんたの判断に称賛の声

店のセットに車で突っ込む  その後の、みのもんたの判断に称賛の声

店のセットに車で突っ込む  その後の、みのもんたの判断に称賛の声の画像

身体機能が衰えながらも運転を続け、交通事故を起こしてしまう高齢ドライバー問題。

2020年10月25日に放送されたバラエティ番組『朝からみのもんた』(読売テレビ)では、タレントでキャスターのみのもんたさんが、75歳で運転免許の自主返納をしたことについて語りました。

■みのもんたが運転免許の自主返納を決めたワケ

2019年に、高齢ドライバー向けの講習会に参加したという、みのさん。

そこで、「ああ、ぼくの運動神経はもうここまでだな。事故を起こしちゃいけないな」と思う出来事があったそうです。

信号の色によって足をアクセルやブレーキに移動させる反射神経の検査では、順番に追い付かず混乱。また、セットを使ったシミュレーションでは、店に突っ込む前にブレーキが間に合わず…。

スーパーマーケット、コンビニのセットが作ってある。

入口の前が歩道になってて段差があるわけ、15㎝くらい。「わざと乗り上げてくれ」と。

「乗り上げたらすぐブレーキを踏まないとツッコんじゃいますよ」(ともいわれた)。

ヴーン、ヴーン、ドン、ガチャン!(と突っ込んでしまった)。

「あ、私はやめるべきだ」

(そう思って)あっさり(自主返納して)…いい勉強でした。

朝からみのもんた ーより引用

講習を受けたみのさんは、身体機能や反射神経などの衰えを自覚。何台も所有するほど車が好きでしたが、事故を起こす前に免許を返納したのでした。

人によっては、「自分はまだ大丈夫」と思っている高齢ドライバーもいることでしょう。そんな人に向けて、みのさんは次のように述べています。

歳をね、意識するってのは難しいことです。

車がある、乗る、ブレーキ、アクセル…きちっとそれが対処できるかどうか自分でチェックして、自分で気付かないと。

それができないと単なる、野暮な人間になっちゃいます。

朝からみのもんた ーより引用

また、車が必要な地域に住んでいる高齢ドライバーに向けても、次のようなメッセージを発しました。

とっても不便な所に住んでる方、いらっしゃいますからね。便利ですよ、車。

だけどやっぱりよく考えていただきたい。

悲惨な事故がいかに多いか。いつ自分がそこに巻き込まれるかどうか。

朝からみのもんた ーより引用

みのさんの判断に、ネット上ではさまざまな声が上がっています。

・ほかの高齢ドライバーのいい見本になると思います!

・自分の生活を変える判断は勇気がいりますよね。ありがとうございます!

・こんなふうに判断してくれる人ばっかりだったら、交通事故は減るんだろうな。

・講習会は、高齢ドライバーに自覚をうながすために必要だと心底思いました。私も高齢になったら気を付けたいです。

自主返納後は、運転はしないものの愛車を磨いたり、運転席に座ってハンドルを握ったり、思い出を噛み締めたりしているというみのさん。

車を愛でながら穏やかな日々を送れるのは、事故を起こさなかったからこそ。多くの高齢ドライバーが『事故を起こすかもしれない危険』について考え、自主返納を選択できる社会になるといいですね。


[文・構成/grape編集部]


出典
朝からみのもんた

関連記事(外部サイト)