イモトアヤコについて阿川佐和子「何よりの才能は…」 続く言葉に、納得の声

イモトアヤコについて阿川佐和子「何よりの才能は…」 続く言葉に、納得の声

イモトアヤコについて阿川佐和子「何よりの才能は…」 続く言葉に、納得の声の画像

2020年11月7日に放送されたトーク番組『サワコの朝』(TBS系)に、お笑いタレントのイモトアヤコさんが、ゲスト出演。

番組でイモトさんが語った結婚のキッカケや、MCの阿川佐和子さんのコメントが反響を呼んでいます。

■イモトアヤコが夫への恋心を自覚したキッカケ

バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の番組ディレクター(通称・石崎D)と2019年に結婚し、新婚生活を送っているイモトさん。

4年前にあった雑誌の対談で、阿川さんから石崎Dのことを「すごくいい人じゃない?」とすすめられた際に「いい人だけど、顔が趣味じゃない」と答えたことがあったそうです。

当時を振り返り「特大ブーメランですね」と笑うイモトさん。タイプではなかった夫への気持ちが変化した理由について、こう語りました。

(結婚する)1年半ぐらい前に、ヴィンソン・マシフっていう南極の山を登ったんですね。

2017年から2018年の年越しを、ヴィンソン・マシフっていう南極で過ごしたんですけど、その時に一緒に主人もいて。それまでも山は何度も登ってたんですけど、その時初めて彼が途中で体調を崩して、断念をして、けっこう頂上直下でいなくなったんですよね。

登れないっていうことで、高山病で体調を悪くして。その時に、なんでしょうね、初めて「あ、私この人がいなかったらちょっとまずいかも」って心の底から思ったんですよね。

サワコの朝 ーより引用

イモトさんは、夫が登山をリタイアした後、引き続き1人で山を登る最中に大きな喪失感を抱いたことを告白。「彼は心の支えになっていたんだ」「好きなのかもしれない」と気付いたといいます。

その後、イモトさんは「結婚したい」という想いをしたためた手紙を石崎Dに渡しました。当時の夫の反応について、イモトさんはこう振り返ります。

本当にあ然としてました。本当に考えてなかったみたいで。

(石崎Dから)「気持ちを伝えてくれたことは嬉しい。でもちょっと考える時間が欲しい」っていわれて。

サワコの朝 ーより引用

その2か月後に、石崎Dから「結婚を前提にお付き合いしてほしい」といわれ、プロポーズされたといいます。

■阿川佐和子が気付いたイモトアヤコの才能

番組の終盤に、阿川さんは、イモトさんの著作である『棚からつぶ貝』を読んで気付いたことを明かしました。

イモトアヤコという人はね、もちろん足が速いとか、胃袋が丈夫とか、いろんなこういう過酷なレポートに向いている才能がたくさんあると思いますけども。

なによりの才能は、「人を信じよう」という心の才能じゃないかと思って。それがすごいと思って。

だって信じないとできないでしょ。

サワコの朝 ーより引用

阿川さんは「みんなをいい人だと思えるのは普通はない。海外旅行とかって特に人を疑うものだと思う」と持論を述べます。

番組の海外ロケで、真摯に人と向き合い、交流をするイモトさんの姿を見た上で感じたことなのでしょう。

それに対し、イモトさんは「人を信じています」とうなずきました。

2人のやり取りを見た視聴者からは、次のようなコメントが寄せられています。

・「人を信じる才能」って素敵。

・阿川さんの言葉に納得した。イモトさんのそういうところが好き。

・結婚のなれそめで、イモトさんの勇気にグッとくるし、夫の誠実な対応も素晴らしいと思った。

イモトさんの、真っ直ぐで前向きな姿勢や、人に対する愛情深い性格が垣間見えるエピソードですね。


[文・構成/grape編集部]


出典
サワコの朝

関連記事(外部サイト)