『ガキ使』渡部の復帰報道に、松本人志が怒り 「面白くないよ」と苦言

『ガキ使』渡部の復帰報道に、松本人志が怒り 「面白くないよ」と苦言

『ガキ使』渡部の復帰報道に、松本人志が怒り 「面白くないよ」と苦言の画像

毎年12月31日から年明けに放送される、バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の通称『笑ってはいけない』シリーズ。

お笑いコンビ『ダウンタウン』や月亭方正さん、お笑いコンビ『ココリコ』らが収録中に笑ってしまうと罰ゲームを受ける、という内容でおなじみです。

『笑ってはいけない』で新年初笑いをする人も多く、年末が近づくとネットでは「今年はどんな企画なのだろう」と期待する声が上がります。

■週刊誌による『笑ってはいけない』ネタバレに、松本人志が苦言

そんな中、ある週刊誌で「2020年の『笑ってはいけない』に渡部建さんが出演する」という話題が掲載されました。

『アンジャッシュ』の渡部さんは同年6月に不倫報道を認め、芸能活動の自粛を発表。それ以来、目立つ場に出ていません。

同年11月22日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、出演者である松本さんが週刊誌に苦言を呈しました。

いいたいことっていうか、本当はそもそも日テレさんが年末に向けて「今年やる」っていう発表もまだしてないじゃないですか。

でも、もうニュースにされてしまっているので、本当は俺はこれに対してコメントできないんだよね。

発表してないんで。それをこんだけ騒がれたら、無視するのもアレだし。

ちょっとまた1個いいたいことがあって。

なんかその、正月のあの番組は、みなさんご存知の方は分かると思うんですけど、誰がゲストで、そこで出てきて、何をするかっていうのは、我々は知りたくないわけですよ。

ワイドナショー ーより引用

週刊誌による『ネタバレ』に対し、松本さんは「考えられないこと。ルール違反」と非難。

『笑ってはいけない』シリーズはサプライズで大物タレントが登場するため、出演者や視聴者へ事前に情報が広まってしまうと面白さが半減してしまいます。

■さらに、後日『渡部出演』が報じられ…

番組放送の翌日、松本さんは「過去に不倫をした出演タレントと合わせて渡部さんが『不倫三銃士』を結成する」と書かれたネット記事をTwitterでシェア。

強い口調で、報道に対してこのように指摘しました。

めちゃくちゃガセです。

面白くないよ。東スポ。

@matsu_bouzu ーより引用

「渡部さんの『不倫三銃士』結成はガセネタであり、ユーモアセンスにも欠ける」とハッキリ述べた松本さん。

仮に事実であったとしても、番組放送前にネタバレを広められるのは出演者として不愉快に違いありません。それがガセネタであれば、尚更です。

不倫行為に対して強い嫌悪感を持つ人は少なくないため、松本さんの投稿には「これで安心して番組を見れます」「いい切ってくれてよかったです」といった声が寄せられています。

2020年の『笑ってはいけない』がどのような内容になるのか、ネタバレは知らずに楽しく視聴したいところですね。


[文・構成/grape編集部]


出典
ワイドナショー/@matsu_bouzu

関連記事(外部サイト)