小林麻耶の結婚相手が取り組む“子宮系スピリチュアル”とは

小林麻耶の結婚相手が取り組む“子宮系スピリチュアル”とは

小林麻耶(右は本人のブログから)/(C)日刊ゲンダイ

今年7月に入籍した小林麻耶(39)の結婚に「子宮系」というキーワードが絡んでいるという。結婚相手の男性(35)は、カリスマ“ヒーリング整体師”で「子宮系のスピリチュアリスト」。2人が出会ったのも「子宮系」イベントなのだ。

「子宮系」とは、悩める女性に子宮で直感的に選択すること、ガマンしないことなどを提唱。子宮の活性化のため、セックスや女性のマスターベーションを推奨し、主にスピリチュアルに関心のある女性たちに人気だ。セミナーは数万円から数十万円と高額で、子宮に手かざしでパワーを注入する「ヒーリング」、下半身を透視する施術などさまざま。麻耶の夫も手かざしやマッサージ、ヨガを駆使して子宮を活性化させる施術を行っているという。

 しかしながら、この「子宮系」はあくまで民間療法。トラブルも多いようで警鐘を鳴らす医師もおり、ネット上で度々炎上も起きている。

「女性が共感しやすいのは“自己肯定感”です。自分なりの黒歴史や性欲も肯定してくれる。ありのままでいいというのが居心地がいいのです」(心理カウンセラー)という声もあるように、イワシの頭も信心からなのだが、麻耶は夫のことを「とても優しい旦那様」と絶賛。7月末にはスペインのイビサ島で土地のパワーのおかげで「体が動いた」とドアの前で不思議な軟体ポーズをとった写真をブログに掲載。夫の世界観にどっぷり染まってラブラブといった感じである。

 しかし、入籍とともに夫のSNSはすべて削除。また、海老蔵(40)が入籍報告後ダンマリを決め込んだことも話題になった。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「あれだけブログの更新がマメな海老蔵さんですし、麻央さんの看病から子供たちの世話まで献身的にやってきた麻耶さんの結婚となれば、いの一番にブログで祝福するはず。海老蔵さんにブレーキがかかるということはもうちょっと慎重に、というメッセージが込められているのでは。妹の麻央さんを失い、心を立て直すのにご主人が尽力されたのは理解できますが、心酔しているように見えると麻耶さんが利用されているようにも見えなくはありません」

 2人が幸せなら外野がどうこういう話ではないのだが……。

関連記事(外部サイト)