賀来賢人「今日から俺は!!」は福田演出をひたすら楽しむ

賀来賢人「今日から俺は!!」は福田演出をひたすら楽しむ

妻・榮倉奈々はアゲマン?(C)日刊ゲンダイ

コラム【TV見るべきものは!!】

 日曜夜10時30分の「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の舞台は、80年代の千葉の私立高校。脚本・演出は「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一監督である。

 主人公は転校を機に金髪のツッパリへとキャラ変した三橋(賀来賢人=写真)だ。同じツッパリ転校生の伊藤(伊藤健太郎)やマドンナ的存在の理子(清野菜名)らと繰り広げる、おバカな高校生活……といったストーリーはどうでもよろしい。随所で展開されるコントなのかギャグなのか、どーにもバカバカしく、なんともおかしい福田演出をひたすら楽しむドラマなのだ。何しろ三橋たちのクラス担任がムロツヨシだ。三橋の父親は吉田鋼太郎。そして理子の父親が佐藤二朗である。

 彼らが登場するシーンだけで十分見る価値がある。たとえば第6回の冒頭はソープランドの待合室だった。客のムロがわくわくしながら待っていると、そこに吉田が現れる。大慌てのムロは、さっきまで「俺のバズーカは暴発寸前だぜ!」とか騒いでいたくせに、生徒指導の見回りだと言い張る。さらに店の黒服が山田孝之で、ムロが高校の先生であることをバラすのだ。そこからのムロと吉田と山田の掛け合いは爆笑と苦笑の連打だった。

 毎回、何が飛び出すのかわからないビックリ箱仕様。1週間を笑って終わりたい人、日曜の夜に思い切り脱力したい人に断然おススメだ。
(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

関連記事(外部サイト)