下着姿評判も 吉岡里帆「きみが心に棲みついた」の正念場

吉岡里帆のドラマ『きみが心に棲みついた』が苦戦 佐藤健との密会報道でファン離れ?

記事まとめ

  • 吉岡里帆の民放初主演ドラマ『きみが心に棲みついた』の視聴率が下降線をたどっている
  • 下着姿でランウエーを歩くシーンが再現されたが、視聴率アップにはつながらず
  • 「佐藤健との密会報道もあり、男性ファンが離れてしまったのでは」と芸能リポーター

下着姿評判も 吉岡里帆「きみが心に棲みついた」の正念場

下着姿評判も 吉岡里帆「きみが心に棲みついた」の正念場

体を張った吉岡里帆だけど…(C)日刊ゲンダイ

 女優・吉岡里帆(25)の民放初主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)の視聴率が下降線をたどっている。

 人気コミックの実写化で、自分に自信がなく弱気な下着メーカーのOL(吉岡)が、出版社の編集者(桐谷健太)とドSな上司(向井理)の間で恋心が揺れ動く姿を描いている。初回視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と、2ケタも狙えるかと思われたが、第2話は8.5%、第3話が8.4%にダウンしてしまった。

「第3話では原作ファンにはおなじみの見せ場のシーンがあった。主人公が上司に言われ、自社の商品発表会で下着姿でランウエーを歩くシーン。吉岡は見事に再現しました。予告編でもそのシーンが流れましたが、視聴率アップにはつながりませんでした」(テレビ誌編集者)

 6日に放送された第4話はさらに数字を下げ、7.0%と大苦戦だ。

 かつては水着グラビアにも積極的に挑戦。ドラマの主人公とは対照的に物おじしないタフな性格は、映画やドラマなど制作関係者からの評価は高く、並々ならぬ女優根性の持ち主と評判だった。ドラマの視聴率の全てが吉岡のせいというわけではないが、2ケタは欲しいのが本音だろう。

「演技力の高さはドラマ『カルテット』でも証明済み。顔は清純派でスポンサー受けも抜群でCMオファーも多い。ただ、支持層が見えない。芸能界を代表するモテ男・佐藤健との密会報道もあり、そこで男性ファンがかなり離れてしまったのでは。かといって、女性ファンに強力に支持されているというわけでもない」(芸能リポーター)

 京都・太秦生まれで幼少期から芸事に励んできた吉岡。笑福亭鶴瓶ら芸能界にもファンは多い。若さだけがウリではないので本格化はこれからか。

関連記事(外部サイト)