石原さとみ 視聴率もぎ取り“性器開帳エロ入浴”は強行突破婚への布石

石原さとみ 視聴率もぎ取り“性器開帳エロ入浴”は強行突破婚への布石

(提供:週刊実話)

石原さとみ主演のドラマ『高嶺の花』(日テレ系)の第1話で「なりたい顔1位っしょ!!」というセリフに視聴者から「間違いない」の声が殺到している。そんな堂々1位の石原が、新カレ氏との“混浴SEX”を連想させる衝撃の「性器開帳入浴法」をテレビで披露し、波紋を広げている。
 「問題の番組は6月25日放送の日本テレビ系『しゃべくり007』の特番。石原は、7月スタートの連ドラ『高嶺の花』番宣で出演したのですが、そこで自身の独特な入浴法を実演し、エロすぎると話題騒然なのです」(芸能記者)

 石原は入浴実演を意識してか、乳房の部分が透け透けのシースルーというセクシーな赤のドレスで登場。そして、スタジオに用意されたバスタブに堂々と裸足になって入ったのだ。
 「なんと、石原は自身の両足を高く上げ、アソコを見せるような“ご開帳”ポーズをとったまま、“足をここに乗っけるんです。全然キツくないんです”などと嬉しそうに解説しながら、両足をバスタブのヘリにかけ、アソコをぐいっと壁に押し付ける体位を披露。両腕でヘリとひざ裏を抱えるような挙動までし、まるで“駅弁ファック”みたいでしたよ」(同)

 石原といえば、5月8日発売の『週刊文春』が、ライブ動画配信サービス『SHOWROOM』前田裕二社長との沖縄ラブラブ旅行を報じ、熱愛が発覚したばかり。今回の入浴法披露は、新恋人との風呂場SEXを想起させるのだ。
 「あまりのエロさに、ネット上も騒然。石原は同番組で、自身の家に友人が泊まりに来ることを話したり、入浴しながら携帯で“友達と会話してます。2時間くらい”ともバラしました。この“友人”は明らかに前田社長で、入浴中に長電話している相手も同じでしょう。お風呂での電話では、テレビ電話で裸身を見せつつテレフォンSEXし、お泊まり時は“混浴エッチ”を楽しんでいることを示唆しているのでしょうね」(芸能ライター)

 昨年いっぱいでジャニーズ事務所の山下智久と破局した石原は、前田社長との早期ゴールインを狙っているとされる。しかし、まだまだ稼いでほしい所属事務所サイドは、連ドラ主演などの大仕事を入れることで結婚阻止戦略に出て、対立しているとも伝えられる。
 「それだけに、今回のえげつない“エロ入浴法”は、所属事務所に反発し、前田社長との強行突破婚を決意した表れの可能性が大です」(スポーツ紙記者)

 実は石原、7月3日に行われた『高嶺の花』発表会見でも、共演する『銀杏BOYZ』峯田和伸がギターでプレスリーの名曲『ラブ・ミー・テンダー』を弾き語りすると、自ら『ラブシーンができそうです!』と衝撃発言をさく裂させた。
 「この“ラブシーン発言”も、前田社長との突破婚に向けた、エロキャラ転向発言の一環とみて間違いないでしょう」(同)

 石原は1月期に『アンナチュラル』(TBS系)で連ドラ主演をこなしたばかり。同作品は平均視聴率11.1%と好調で、数字を持っている女優としての力を見せつけた。
 「今回のドラマで石原は、名門華道家のお嬢様を演じるのですが、『アンナチュラル』の勢いに乗り、過激な“乳首ギリギリ濡れ場”を披露するそうです。平均視聴率15%超に持って行き、所属事務所に文句を言わせず強硬婚に突き進みたいのでしょう。それだけに今回、石原はフル全裸でベッドシーンにのぞみ、恋の相手である自転車店の店主役・峯田と乳首が見えるか見えないかくらいの激しいラブシーンを見せ、数字をもぎ取りにいくはず。15%超えを果たせば、堂々と前田社長との電撃婚に走れるだけに、ガチのエロ演技に期待ですよ」(放送記者)

 連ドラ「高嶺の花」の初回視聴率は、11.1%だった。まずまず好発進というところだろう。ぜひ、ドラマでも性器ご開帳を…。

関連記事(外部サイト)