女王・米倉涼子が「気遣う」主演秋ドラマ5万円差し入れの太っ腹!

女王・米倉涼子が「気遣う」主演秋ドラマ5万円差し入れの太っ腹!

(提供:週刊実話)

「わたし、失敗しないので!」は、連続ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子(たかなししょうこ)〜』(テレビ朝日系)でも発揮しそうだ。

 「損をして得を取る計算なのでしょう」(テレビ局関係者)
“視聴率女王”米倉涼子(43)が10月11日から再びお茶の間を席捲する。
「米倉といえば、同局の連ドラ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズで高視聴率を連発しましたが、今作はキャストを一新。新境地を見せるつもりで張り切っています」(テレビ朝日関係者)

 米倉演じるエキセントリックな小鳥遊翔子が、ワケありの弱小弁護士集団をコキ使いながら、どんなに不利な訴訟でも「V=Victory(勝利)」する様子が描かれる。
「『ドクターX』では、大門が発する“失敗しないので”が流行語にもなりましたが、今回も無論、失敗は許されません」(芸能ライター)

 常に挑戦を続ける米倉。すでに撮影は始まっていて、役作りのため、髪の毛を30センチ近くもカットするなど、気合い十分。
「とはいえ、米倉1人頑張っても高視聴率はゲットできません。共演者たちのアシストが必要不可欠です」(芸能関係者)
 そこで、米倉が考えついたのが“ニンジン作戦”。

 「『ドクターX』の時は、米倉による“高級焼肉弁当”の差し入れが話題となりましたが、今回は、桁が一つ違ったようです」(同)
 それは、老舗果物店の“フルーツ盛り合わせ”だったという。
「主な共演者10人以上に、桐箱に入ったフルーツを送ったそうです。マスクメロン、シャインマスカット、かおり梨、パパイヤなど、ひと箱5万円相当の品物だったようです」(芸能ライター)

 こうなると、共演者たちの演技にも自ずと力が入ってくる。
「このあたりが米倉のウマいところ。視聴率女王たる所以でもあります。すでに共演者たちは、ドラマの打ち上げに期待しています。『ドクターX』の時は50万円分の旅行券が出ましたから、今作では、その2倍以上のものが提供されると思います」(ドラマ関係者)

 それにしても、米倉の太っ腹ぶりには舌を巻くばかり。
「いやいや、彼女の1話分のギャラは500〜600万円と聞いてますから、これくらい、どうってことない。むしろ“お安い御用”と思っているでしょう」(芸能関係者)

 1話500万円というのは別格で、「米倉ギャラ」と呼ばれている。

関連記事(外部サイト)